フッ素について|三重県松阪市の歯医者「医療法人もみの木歯科」

BLOG

フッ素について

医療法人もみの木歯科 院長 村田幸一朗 監修

▼院長紹介はこちら▼

https://www.mominoki-dc.com/staff/


こんにちは、もみの木歯科 歯科衛生士 瀬戸です。

梅雨が例年より早く発表されましたね。気候も暑い日が続きますが、体調などは大丈夫でしょうか?蒸し暑い日も続けますので、こまめの水分補給や休養も大切ですね。

コロナの感染予防を大切に安心して生活できるように乗り越えましょう。

 

それでは本日のテーマは『フッ素』についてです。

 

歯科医院で虫歯予防のフッ素を塗ることがあると思いますが、フッ素には歯の質を強くすること、酸により歯から溶け出したカルシウムやリンを補うこと(再石灰化)を促進、ムシ歯を引き起こす細菌の働きを弱め、酸がつくられるのを抑える3つの働きがあります。

 

 

フッ素は私たちの身近な自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など多くの食品に含まれております。

 

 

フッ素はむし歯予防に欠かせないだけでなく丈夫な歯や骨をつくるために大切な役割をしています。

フッ素の利用方法には①フッ素配合歯磨き粉②フッ素洗口③フッ素塗布と3つの方法があります。

 

 

  • フッ素配合歯磨き粉については市販の歯磨き粉にフッ素配合が入っておりますが、市販のものより歯科医院の歯磨き粉のフッ素の量が多く、泡立ちや研磨剤も少なく、お口をゆすぐ量も少なく済みます。フッ素が長い時間お口の中にとどまることができ虫歯予防の効果を高めてくれます。

 

 

歯みがき剤の使用量や磨き終わった後のうがいの方法についてお話をしま

す。

6か月(歯の萌出)~2歳は使用量切った爪程度の少量すすぎの水の量は仕上げ磨きの時に保護者の方が行います。

 

 

3~5歳は使用量5㎜以下が適量すすぎの水の量は5~10mlの水で1回洗

口をします。

 

6~14歳は使用量1cm程度ですすぎの水の量は10~15mlのみ水で1回洗口をします。

 

15歳以上は使用量1~2cm程度ですすぎの水の量は10~15mlのみ水で1回洗口をします。

 

 

フッ素濃度1,000~1,500ppmの歯みがき剤は6歳未満のお子さんには使用を控えましょう。年齢に合わせて実施する方法や使用する商品を選んでくださいね。

 

 

 

  • フッ素洗口については最近では家庭や幼稚園・保育園では1日1回、小・中学校では1週間に1回がすすめられている予防になりますね。
    3歳以上のぶくぶくうがいができるお子さんのフッ素洗口になります。フッ素洗口法は歯磨きしたあとに1日1回毎日してもらうと虫歯予防の効果があります。

 

 

  • フッ素塗布は毎日のお家のケアも大切ですが、歯科医院などでフッ素を歯に直接塗る方法があります。当院では高濃度フッ素を4か月1回定期健診の時に塗布をしております。
    いつからフッ素を塗布したほうがいいのか?質問されることがありますが、生えたての歯は歯の質が弱い(未完成)ので、歯が生えてくる6が月ごろから早めに塗布することをおすすめしております。

 

フッ素の安全性についてもお話しをしていきたいと思います。フッ素は大量に摂取することでフッ素による急性中毒を起こすことがあります。

 

フッ素は体に悪い・小さい時に使用するのは危ないと聞くことがあるかもしれないですが、フッ素が単体で人間の体に摂取することは通常ありません。歯科医院で行なっているフッ素塗布で使用するフッ化ナトリウムは安全性の高いフッ化物で危険性はありません。

 

フッ素による急性中毒は1度に3グラムほど飲み込んでしまったときに起こりうることはありますが、歯科医院でフッ素塗布を行うときは3グラムも使用することはないので、フッ素中毒の心配はないです。

 

フッ素塗の注意事項については歯磨きやクリーニングで歯を綺麗にした状態でフッ素塗布をしています。

塗布後30分は飲食をしないことを伝えています。30分の間に飲食してしまいますとフッ素の効果が薄くなりますので、控えてくださいね。

30分たった後は飲食していただいて大丈夫です。

またフッ素塗ったあとに唾を飲み込んでもらうと一時的にお腹が緩くなる場合がありますが、30分飲食ひかえているときに唾をだしてもらうといいですので、当院ではコップを最後にお渡ししていますのでそちらをご使用くださいね。

毎日の歯磨きやフッ素予防のグッズ洗口液やフッ素ジェルを使用し、定期的な歯科医院での高濃度のフッ素を受けることで効果があります。

 

お子さんか大人の方も虫歯予防にフッ素は効果がありますので、いつまでもお口の中が健康な歯でいることが大切ですので、定期的な予防にお越しくださいね。また分からないことなどありましたら教えてくださいね!

PAGE TOP