三重県松坂市の歯医者「医療法人もみの木歯科」

AESTHETIC

審美補綴治療をお考えの方に

  • 「えっ、審美?そんなの関係ないよ。保険で十分でしょ」
    「今は、前歯でも保険で白くなるんでしょ?だったら、保険で十分だよ」
    「奥の歯は別に、見えないから銀歯でもいい」

    このようにおっしゃる方は、まだ多いです。
    ほとんどの方は保険での治療が十分な治療だと思われています。
    しかし、本当にそうなのでしょうか?
    実際に、歯科診療をしている側から見ると保険診療には明らかに限界があるというのが実際のところです。

保険の被せ物について

  • 保険の前歯の被せ物

    まず、保険の前歯の被せ物ですが、これは「硬質レジン前装冠」といいまして、簡単に言うと固いプラスチックを金属の上にかぶせている、というものです。これは表面がプラスチックですので、平均的には2~3年程度で変色してしまいます。皆さんの周りの方でもいませんか?前歯の色が明らかに他の歯と違う、黄色っぽく変色した歯がある方。
    また、保険の前歯の場合、変色はしていなくても、プラスチックですので、天然の歯の色・ツヤ・透明感を出そうと思っても、それを出すことができないのです。ですから、変色していなくても、「あっ、他の歯と違うな」と感じてしまいます。
    保険の前歯はプラスチックですので、変色だけでなく水分を吸収して、口臭の原因となることもあります。

  • 保険の奥歯の被せ物

    次は奥歯ですが、前から4番目の歯を保険が適用される銀歯にすると、笑った時にキラッと見えてしまう方が多いです(口の大きさによって変わります)。また、もっと奥の歯でも、下の歯だと大きな口を開けて笑うと、たとえ奥歯であっても、かなり見えてしまいます。人と話をしていて、「あっ、銀歯が入ってるんだな」と思うことがあるのではないでしょうか。
    もちろん、銀歯が入ってることが全く気にならないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、一方で「銀歯は入れたくない」という方がほとんどです。しかし、白い歯を入れたくても、金銭的な事情で入れられない方が多いのが実情です。
    ということは、「別に銀歯で良いよ」と言っている本人は気にならなくても、それを見ている人の多くは気になっているのではないでしょうか。

審美補綴治療

  • 審美補綴(ほてつ)治療とは、むし歯などで歯を削った時に、見た目が美しく耐久性なども高いセラミック等で補修することです。
    保険診療で使用する銀歯やレジン(プラスチック)は、咬む機能を回復することはできますが、見た目の違和感を伴う場合があります。口元は会話や食事中に見える箇所ですので、銀歯や変色したレジンなどは不健康な印象を与えることがあります。
    また、実際には相手が気にしていないとしても、自分自身のコンプレックスになって笑顔や発言を控えてしまう原因になってしまう事もあるでしょう。歯の色や銀歯でお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 保険診療と自費診療の違い

    保険診療 自費診療
    費用 保険適用のため、比較的安い 保険適用外なので、高価
    素材の特徴 ・レジン(プラスチック)
    変色しやすい
    ・銀歯
    清掃性が悪くむし歯の再発のリスクがある
    ・セラミック
    強度が強く、接着面がしっかりしているためむし歯になりにくい
    見た目 レジンの場合は変色しやすい 自然な見た目で周りの歯とも違和感がない

審美補綴治療は
こんな方におすすめです

    • 銀歯が気になる
    • 過去に入れた被せ物が他の歯と色が違う
    • 神経を抜いた歯の色が気になる
    • 銀歯を入れていた歯がむし歯になった
    • セラミック治療を検討している
  • 審美補綴治療のメリット

    • 歯垢がつきにくいためむし歯リスクを低減

      歯面に汚れが付きにくいので、お口の中の環境を保ちやすくなります。また、接着する時に隙間ができにくいので菌が入りにくく、むし歯の再発リスクを少なくすることができます。

    • 目立ちにくく自然な見た目

      見た目の違和感を非常に少なく仕上げられるので、人と会う時に余計なストレスを感じる必要がありません。

    • シリコン材料で精密な型取り

      精密に型取りができるシリコン材料を使用することで、より精度が高い詰め物・被せ物を作ることができます。

    • 審美治療のデメリット

      • 保険が適用できないため、自費診療となります
      • 強い力が加わると、割れる可能性があります。
  • 審美補綴の種類

    • オールセラミック

      金属を使わない、セラミックのみの被せ物、詰め物です。
      現在世界的に歯科の世界では、健康のためお口の中をノンメタル―金属をなくす治療―にしていく方向にあります。
      天然の歯に近い色調が得られやすく、変色がおきにくい材質です。

    • メタルボンド

      金属をベースとして外側にセラミックをコーティングした被せ物です。金属が持つ強度と、セラミック特有の美しさの両方のメリットを持っています。ただし金属アレルギーのリスクがあります。

  • ハイブリッドセラミック

    セラミックに硬質レジンを加えた、ハイブリッド型(混合型)の材料を使います。
    硬すぎず、保険のレジンより強度的にも審美的にもすぐれています。
    色調がセラミックに劣ります。

ホワイトニング

  • 歯は毎日丁寧にブラッシングをしていても、食べ物や飲み物などからの着色や加齢などの原因で少しずつ黄ばんでいきます。
    歯科医院で行うホワイトニングなら、着いてしまった黄ばみを落とすだけでなく、本来の色より白くすることもできます。
    ホワイトニング効果がある歯磨き剤なども市販されていますが、医療機関だからこそ使える薬液もあるので、歯を白くキレイにしたいと思う方は、ぜひ当院のホワイトニングを試してみてください。

  • ホワイトニングはこんな方におすすめです

    • 歯の着色が気になる
    • 歯を削らずに白くしたい
    • コーヒーや紅茶をよく飲む
    • 歯の黒ずみが気になる
  • 歯科医院で受けるホワイトニングのメリット

    • 短期間で効果を実感しやすい

      歯科医院では、高濃度のホワイトニング剤を使い特殊な光を照射するため短期間で効果が出やすいです。

    • むし歯の早期発見につながる

      事前にむし歯や歯周病をチェックしてもらえるため、早期発見ができる。

    • 手間がかからず歯を白くできる

      歯科医師や歯科衛生士が施術をしてくれるため、ホームホワイトニングのように手間がかからない。

    • ホワイトニングのデメリット

      • 健康保険が適用されないため、自費診療になる。
      • 高濃度のホワイトニング剤を使うため、しみる症状が出ることがある

見た目が気になる方のその他の対処法

当院のスタッフ全員、あなたの健康と笑顔、そしていつまでも続く美しさを願っています。あなたの日々の生活を充実させるために『美しい歯』を取り戻す治療を行っています。見た目が気になる方には、次のような対処方法があります。

  • クリーニング

    歯の表面についた着色やタバコのヤニをお取りします。歯石が付いている方は、この治療の前にスケーリング(歯石除去―保険適用)が必要です。

  • 審美充填

    保険ではレジン(プラスチックの樹脂)の詰め物には色の再現に限界があります。前歯部の色が保険の詰め物では気に入らない、治療後も見た目に自然できれいな前歯でありたい。そんな前歯や奥歯の小さめのつめものに適切です。

    • 審美充填のメリット

      • 見た目がきれいになる
      • 治療期間が短い
      • 金属アレルギーの心配がない
    • 審美充填のデメリット

      • 接着後の期間によっては変色する場合がある
      • 保険適用外
      • 咬み合わせによっては欠ける場合がある

PAGE TOP