インプラント|三重県松坂市の歯医者「医療法人もみの木歯科」

IMPLANT

歯を失ってお悩みの方へ

  • 失った歯に、ストレスを感じていませんか?

    インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。
    埋め込まれたインプラントは、骨としっかり結合して固定されます。その上に取り付ける歯も、患者様に合わせて一本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりありません。

噛むことの重要性

  • 人間の歯は一度失うと生えてくることはないので、何らかの方法で補うしかありません。歯科医院としては、患者様の大切な天然歯をできる限り残すことを重視しています。
    しかし、どんな時でもただ残すことだけ考えればよいということでもありません。歯は対合歯としっかり噛み合わせることではじめて食事ができて、健康を維持することができます。
    そのため、当院では単に残すことではなく、しっかりと噛めてそれを維持していく事が重要と考えています。

  • こんな方へおすすめします

    • 前歯が2つとも差し歯です。いつもグラグラした感じで気になっていたことろ、ふとした弾みでポロっと取れてしまいました。歯医者さんに治療に行くまでの数日は笑顔も作れず、人と話すことも恥ずかしく大変でした。こんな経験は出来ればもうしたくはありません。
    • 「数年前から歯周病と言われていて、だんだん歯が抜けてしまって、このまま放っておくと総入れ歯になってしまう・・・。残りの人生は全国の美味しい物をたくさん食べたいし、人生を充分に満喫したいので総入れ歯で不自由な思いだけはしたくないです。」
    • 今までは子供達に何かとお金が掛ってしまい、自分の歯のことは後回しでした。しかしもう子供も独立。この機会に今まで放ったらかしにしていた自分の歯をしっかりと治して健康に過ごしたいと思っています。
    • 入れ歯だと、味もハッキリと分からないことが多いし、バネをかけている歯がいつもグラグラしていて強く噛めない、もっと快適な方法はないのでしょうか?
    • 右の奥歯が2本も無い状態で、歯医者さんに「もう入れ歯しかないよ」と言われた。まだ30代で入れ歯にするのは、どうしても嫌です。
  • このような声を今までかなりの患者様から聞いて来ました。
    やはり、自分の歯というのは失って始めて、そのありがたさが分かるようです。
    そもそも、自分の歯を失ってしまったとき、それを補う方法は3つしかありません。

歯を失ったときの3つの方法

  • 1つ目はブリッジ

    失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、被せ物をして、橋をかけます。橋をかけるために「ブリッジ」と呼ばれている治療法です。ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。また、しっかりと両隣の歯に固定されているので、物を食べる時にも、違和感なく、美味しく食べることができます。また、保険の適用も可能です。
    しかし、ブリッジにも問題点がいくつかあります。

    まず、ブリッジは両隣の歯で支えますので、この支えている2本の歯にも負担が掛ってきます。
    例えばですが、1本無くなってしまった歯を両隣の歯で支えるとすると、これまでは3本でやっていたことを2本でやることになります。
    会社で分かりやすく例えると、「今まで3人でこなしていた仕事を、1人辞めてしまったから今日から2人でやってくれ!」ということになります。
    最初のうちは何とか頑張れるのですが、人間なら時間が経つと疲れてしまったり、仕事がキツくなると辞めてしまいますね?

    それと同じように、支えている歯には想像以上に大きな負担がかかり、その状態にもよりますが10年ぐらい経つと支えている歯が疲れて辞めたくなってしまう(抜けてしまう)場合があります。
    さらにブリッジの場合、支える歯の周囲を削って被せ物をするので、健康な歯まで削らなければならないというデメリットもあります。

  • 2つ目は入れ歯

    入れ歯には保険が適用されるので、非常に安く、手軽に作ることができます。
    入れ歯のメリットは安く、手軽に、短期間に作ることができるということです。
    しかし、入れ歯には様々なデメリットもあります。
    まず、入れ歯は人間の口にとっては人工の異物です。おぎなう歯の本数が多くなるほど、口の中に違和感が出てきます。口の中はとても繊細に出来ています。
    例えば、糸クズや髪の毛1本でも、噛むと違和感がありますね?
    それが総入れ歯になると、小学生の握り拳くらいの大きさのものを口の中に入れるのですから、違和感がないわけはありません。特に、入れ歯を支えるための床のような部分がある入れ歯になってしまうと、食べ物の味や温度を感じにくくなってしまいます。
    また、部分入れ歯の場合、入れ歯を入れる両サイドの歯にバネのようなものをかけます。これをかけることで入れ歯を固定します。
    しかし、支えにされた方の歯はたまったものではありません。噛むたびに、上下左右に揺さぶられて、力を加えられ続けます。
    木に刺さったクギでも、長い時間をかけて上下左右に揺さぶられると、抜けてしまうのと同じように、バネをかけられて支えになってしまった歯は5年以内に抜けてしまうことが多いようです。
    バネをかけていた歯が抜けてしまうと、その分、また部分入れ歯を大きくして、隣の歯にバネをかけ、そしてまたバネをかけていた歯が抜けて・・・ということを繰り返し、総入れ歯に着実に近づいてしまうことになるのです。
    入れ歯の場合、ブリッジのように固定式ではなく、取り外し式なので、汚れたらキレイにするために毎日、手入れをしなくてはなりません。これがとても手間がかかるだけではなく、「他人に見られると、歯の無い姿がとても恥ずかしい」ということになります。
    また、総入れ歯に近づくにつれて、食べ物がはさまる、痛いなどの理由で、噛むという、とても重要な行為が難しくなる可能性があります。
    総入れ歯になると、たとえ噛むことができたとしても、自分の歯の時よりも噛む力が弱くなります。そうなると、固いものなどを食べることが難しくなってきます。
    「大好物のスルメが食べたい」
    「お煎餅をバリバリ食べたい」
    「大好物のステーキが噛み切れないから食べられない!」
    「干し柿・干し芋が食べられない」

    という、歯があるときには、ごく当たり前だったことが入れ歯になってしまうと出来なくなり、美味しい物を自分の歯で好きなだけ、美味しく食べることがいかに素晴らしいことかを理解することになるのです。
    現在、日本では8020運動といって、80歳のときに20本、歯を残そうという運動を厚生労働省が中心となって行っておりますが、80歳になった時に平均6.8本しか残っていないのが現状です。
    それは、歯が抜けてしまった後に入れ歯を入れて、バネを支えている歯がまた抜けていくことを繰り返していたことが原因です。
    このように入れ歯というのは確かに、安くて、手軽に、気軽に、短期間で作ることが可能です。しかし、安く出来るということの代償として、心身に負担やストレスを相当かけているのです。
    ある調査によると、総入れ歯の人と自分の歯が10本以上残っている人を比較した場合、統計的に総入れ歯の人の方が、明らかにアルツハイマーになりやすいというデータも出ています。歯を噛み合わせたときに脳へ伝わる刺激というのはそれほど、重要なものなのです。
    この刺激が届かなくなることで、記憶を司る海馬という脳の機能と運動能力が低下してしまうのです。
    つまり、きちんと噛めるということは年齢を重ねてからの生活、例えば、物事を覚える・人と話をする・歩く・走る・出掛けるなど基本的ですが生活にはとても大事な機能にも重大な影響を及ぼすのです。

  • そして失った歯を補う3つめの方法がインプラント

    • インプラントのメリットは、ブリッジと入れ歯の欠点がないことです。
      インプラントというのは、人間の体に同調する金属の人工チタンで出来たネジのようなものを歯の根っこの代用として顎の骨の中に埋め込み、その上に被せ物を装着するというものです。
      天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。
      従って、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることが全くありませんので、他の歯が抜けやすくなってしまうなどの問題は発生しません。
      さらに、インプラントは顎の骨の中に植わっていますので、噛んだときの感触、噛み応えが自分の歯で噛んだ時に限りなく近い感覚になるのです。
      そうなると、脳への刺激も強くなりますので、これまで入れ歯だった方がインプラントをいれると多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いです。
      最近は、インプラントの認知度も上がって来ています。しかし、インプラントについての誤ったイメージもあるようです。

    • 「手術が恐い」「痛いんじゃないか?」

      そのようなイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いとか痛いというイメージを持ちます。その気持ちはよく分かります。
      しかし、実際には「親知らず」を抜くのと同じような手術ですので、場合にもよりますが、その殆どが小規模な手術だと思っていただければと思います。手術に伴う痛みも親知らずを抜いたときと同じ程度だと考えてください。
      当院では全身麻酔ではなく、通常の歯を抜くのと同じように局部麻酔をして、だいたい1時間~2時間位で手術は終わります。手術後の腫れについても、2~3日経てば殆どは引いています。
      自分の悩みを抱えたまま生きて行くのと、少しの間、手術の恐怖と戦うのとどちらを選びますか?
      その手術の恐怖に勝った時に手に入る世界は、あなたにとってどんな世界でしょう?

従来の治療法と
インプラント治療

  • 総入れ歯が安定しない場合

    • 従来の治療法

      入れ歯安定剤・入れ歯の作り直しをします。
      入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。
      ※総入れ歯の場合、あごの骨が痩せて入れ歯が合わなくなる事があります。

    • インプラント治療

      入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

  • 前歯を失った場合

    • 従来の治療法

      両側の健康な歯を削る必要があります。

    • インプラント治療

      健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

  • 奥歯を失った場合

    • 従来の治療法(部分入れ歯)

      金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
      かたいものが安心して食べられません。

    • インプラント治療

      止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので、固いものを食べても安心です。

インプラントのメリット

  • 天然歯に近い感覚で噛むことが可能

    インプラント体をあごの骨に直接埋め込むので、入れ歯やブリッジよりしっかり噛むことができて、煎餅などの硬いものや弾力があるお肉なども抵抗なく食べることができます。

  • 天然歯に近い美しさ

    インプラントは見た目の違和感がほとんど無い、天然歯のような見た目に仕上げる事が可能です。

  • 天然歯を守ることができる

    インプラントは、インプラント体を埋め込むので他の歯に負担をかける心配がありません。ですので、お口の中全体の健康を維持することに繋げる事が可能です。

  • 歯を削る必要がない

    歯を部分的に失った際に、治療の選択肢として挙げられる治療例にはブリッジや部分入れ歯があります。ですが、両サイドの健康な歯を削る必要があります。
    インプラントは、失った歯の部分のみにインプラント体を埋め込むため、ブリッジや部分入れ歯のデメリットを解消する事が可能です。

  • 入れ歯のように取り外しをしなくてすむ

    入れ歯は取り外して清掃する必要があり、落として壊してしまうことや紛失してしまうなどのリスクがあります。一方、インプラントは脱着することはないので、ほとんど天然歯と同じものとして扱うことができます。

  • インプラントのデメリット

    • 外科処置が必要
    • 体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療できない場合がある
    • 保険適用外のため治療費がかかる

インプラント治療を
お考えの方に

  • 「インプラントは値段が高い!」そう思っていませんか?

    • インプラントについてこのように考える方も大勢いらっしゃいます。
      確かに、保険で作ることが出来る入れ歯に比べれば値段は高いです。インプラントは1本あたり約400,000円します。
      しかし、保険で作る入れ歯は当面の機能は回復しても、長期的にはお口の健康にダメージを与え続けるのです。
      また、「歯はたくさんあるから、1本位無くても大丈夫でしょ?」と思う方もいらっしゃるようです。
      しかし、これは大きな間違いです。
      私たちの手と足の指にも1本1本、親指から小指まで役割があるように、歯にも1本1本、役割があるのです。
      例えば、下顎の前から6番目の歯が抜けてしまって、そのまま放っておくと、どのようなことが起こるでしょうか?
      次のようなことが起こる可能性が高いのです。

    • 咬み合わせる下の歯がないので、上の歯が出て来てしまう

      上の歯は下の歯がなくても、咬む機能を維持しようとして、咬む相手を探して伸びて来てしまいます。
      そうなると、後で下の歯を入れるときには咬み合わせがズレているので、上の歯を削らないといけなくなってしまいます。

      1番奥の7番目の歯が抜けた歯のスペースに隣の歯が倒れこんでくる

      歯が斜めに倒れこんでしまうと、治すには矯正治療が必要になってしまいます。

      モノが挟まって噛みづらいので反対側でばかり噛んでいると、体全体のバランスが悪くなる

      咬み合わせは、全身のバランス、全身の健康にも大きな影響を与えています。

    • 私たちの1本1本の歯が重要な役割を果たしているのです。食べることが出来れば、喋ることが出来れば大丈夫だ!とは次元の違うお話なのです。
      このように、歯は見えないし、動かないから1本1本の役割が軽視されがちですが、私たちの体全体と健康には非常に重要な役割を担っているのです。

      もし、皆さんの小指が根元から無くなってしまったらどうしますか?
      困りませんか?実は小指は、一番力の入る指なのです。
      お相撲さんが廻しを取るのは、小指からでこれが一番力が入るのです。
      「もし失った、小指が元に戻るなら、どんなことだってするのに!」と思いませんか?
      失った歯をインプラントで元に戻すということは、根元から無くなった小指にチタンの骨を入れて元に回復させるということと変わらないことなのです。
      小指を元に戻すのに500,000円かかっても、何の不自由も感じないなら安いと感じませんか?
      例えば自動車を1台買っても、軽自動車でも新車なら1,000,000円程度はします。
      車は生活する上で欠かせません、特に地方では、車があることで家族の送り迎えや通勤・買い物、また家族や恋人との楽しい思い出を作ることが出来ます。
      自動車を買うことは色々な意味で人生を豊かにするために必要なお金だと思います。
      同じように、失ってしまった自分の歯を取り戻すということも、あなたの人生にとって非常に重要なことであり、豊かさを求めるのならば必要であると考えます。

PAGE TOP