三重県松坂市の歯医者「医療法人もみの木歯科」

ORTHODONTICS

矯正治療の必要性

  • あなたは「矯正治療」について、どんなイメージを持っていますか?
    単に「歯並びを治す治療」というふうに思っていませんか?
    先ずはその誤解を解くところから、説明したいと思います。
    そもそも歯並びが悪い事によって、どんな不都合が起こるのでしょうか。

  • 1,むし歯や歯周病、口臭の原因になりやすい

    歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が届きにくく、磨き残しができやすくなります。その為、むし歯や歯肉炎(歯ぐきの炎症のこと。歯肉炎にかかっていると、歯ぐきが赤くはれて、歯みがきのとき血が出たりする)になりやすいのです。
    更に咬み合わせが悪くて、食べものがよくかめないと、だ液の量が減ってきて口の中の汚れがどんどんたまることになり、こうなると歯の病気だけではなく、口臭の原因になる事もあります。

  • 2,あごの関節が痛くなりやすい

    口を開けたとき耳のそばでカクカク音がしたり、口が大きく開かなかったり…。これが子供や女性に増えている顎関節症の症状です。
    悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなど色々な原因がありますが、歯並びの悪さから起こる場合もあります。

  • 3,消化が悪くなる

    咬み合わせがよくないと、しっかりと咬めないだけじゃなく、だ液の量が減って消化されないまま飲み込む事になります。消化されないまま食事をしている事は、お子様の成長を著しく阻害する原因にもなります。

  • 4,発音がしにくい

    症状によってはサ行やタ行の発音がハッキリしなくなる事があります。特に外国語の発音に困る事が考えられます。今後はますますグローバル社会が加速化されます。そんな中で外国語の発音に困ってしまうと、お子様も外国語を学ぶ事に対して前向きになれないかも知れません。

  • 5,肩こりや頭痛が起こりやすい

    咬み合わせが悪いと、なんとかうまく咬もうとして、あごが不自然な動きをするので、あごや筋肉にムリな力がかかってしまい、そのため頭痛や肩こりなどが起こることがあります。

矯正治療を受けて
笑顔を作りやすく

  • 歯並びが悪い事によって、生活上起こりうる弊害はここまでお話した通りですが、あともう一点、歯並びが悪い事によって、今後のその人の性格形成を決定しかねない事があります。それは『笑顔を作りづらくする』という事です。

    -『感情』は『行動』によって作られる-
    このような言葉があります。この言葉を“笑顔”という考え方に当てはめると、

    -嬉しい、楽しいという気持ち(感情)は、笑顔(行動)によって作られる-
    上記のように言い換える事が出来ます。
    笑う事によって、楽しい感情、嬉しい感情が湧き起こるという事です。
    それだけ「笑う事」「笑顔」というのは重要なのです。

    しかし歯並びが気になる人というのは、どうしても自然に笑顔を作りだす事が出来ません。

    『歯並びが悪いのを人に見られたくないな…』

    『人前で笑顔を作ると、歯並びが悪いのがバレちゃうな…』

    『なるべく人前で笑顔にならないようにしよう』

    このような気持ちの積み重ねによって、表情そのものが暗くなってしまったり、人前での笑顔が不自然になったり、必要以上に手を口元にあてて笑うようになるのです。
    このような事態を矯正治療によって改善していきませんか?

矯正治療のよくあるご質問

  • Q
    保険は適用されますか?適用される場合とされない場合とは何が違いますか?
    A
    先天性異常(唇顎口蓋裂・ダウン症候群など)や、下顎前突(受け口)がひどい場合、矯正治療とあわせて、手術が必要な方は保険が適用されます。
  • Q
    矯正はトータルどの位の費用がかかりますか?
    A

    〇小学生から開始した場合は、
    診断料:5,500円(税込)
    矯正料金(一期治療):330,000円(税込)
    管理費:3,300円(税込)約年12回
    矯正料金(二期治療):330,000円(税込)
    管理費:3,300円(税込)約年12回となります。

    〇中学生以降(すべて永久歯)から開始した場合
    診断料:5,500円(税込)
    矯正料金:660,000円(税込)
    管理費:3,300円(税込)約年12回 治療期間2~3年となります。

    詳しくは、お気軽にご相談ください。

  • Q
    どの位の頻度で通院が必要で1回にどの位の支払いが必要ですか?
    A
    大体1ケ月に1回の通院です。矯正料金を一括で払っていただければ、1回3,300円(税込)です。
  • Q
    子供が痛みに弱いのですが、痛みはあるのですか?
    痛みは装着時だけ痛いのか、持続的に痛いのかも知りたいです。
    A
    基本的に痛みはあります。
    取り外しできる矯正装置は着けていなくても、食べるときに歯が痛むことがあります。口内炎ができて、痛い場合があります。
  • Q
    すきっ歯なのですが、見た目以外で治す必要性はありますか?
    A
    すきっ歯にもいくつか種類があるので、診てみないと判断出来かねますので、1度口腔内写真を撮って頂くことをおすすめします。口腔内写真はお子様でも問題なく撮っていただけると思います。是非ご相談ください。
  • Q
    大人になってから矯正するのと子供のうちに治すのでは何が違うのですか?
    費用面とか期間・治療方法など。
    A
    大人の場合、成長が終わっているので、子供のように顎を拡げることができませんので、永久歯を抜いて、歯の数を減らして、並べる確率が上がります。
    小学生の低学年から始めた場合、7~9年、すべて永久歯が生えている状態から始めた場合、2~4年です。
  • Q
    矯正で痛みがある場合我慢出来なかったら何か対応してもらえますか?
    A
    我慢できないほどの痛みはあまりありません。不安な方には痛み止めをお渡しします。困ったことがあれば、お電話の上来院してください。
  • Q
    まだ永久歯が生え揃っていませんがいつ頃相談したらいいのですか?
    A
    一番目の前歯が永久歯に生え変わった時点で、1度診てもらったほうが良いと思います。
  • Q
    矯正では銀色の器具を歯の表面につけているイメージなのですが見えないような方法もありますか?
    A
    現在、歯の表面に着ける器具は、前歯の見える部分には、白や透明の器具を使用している医院が多いです。
    歯の裏側に着ける装置は、表面に着けるものより矯正料金が300,000~500,000円割高に設定していることが多いです。
  • Q
    子供のうちに矯正をしたら、大人になってもずっと、歯並びは良いままなのですか?
    A
    矯正治療をした人、していない人に関係なく、加齢変化で歯は少しずつ動いてきますので、矯正治療も、ずっときれいな状態が続くとは言えません。
    完全に元に戻ることは少ないですが、矯正治療後10年ぐらい経つと、少しずつガタガタしてくる可能性があります。矯正治療後、後戻り防止装置をしっかり着けてもらえるかにも左右されます。
  • Q
    矯正中にむし歯になったら矯正は一時中断とかするのですか?
    A
    接着式の装置の場合であっても、小さいむし歯1つ、2つであれば、矯正治療を続けながらむし歯の治療をします。ブラッシング指導を行っても、しっかり歯磨きをしてくれなく、むし歯が何回もできる子供の患者様の場合、中断いたします。
  • Q
    矯正中だけど、受験勉強するのに器具が気になり、集中出来ないからと、
    一年とか矯正をお休みして、また1年後に再開するとかはできますか?
    A
    接着式の装置であれば、着けたまま丸1年中断するのは、むし歯になるリスクがあるのでお勧めできません。
    中学3年生から、矯正治療を始めるには、良くないことがありますので、受験が終わってから始めても良いと思います。
    何年も前から矯正治療をしており、受験期にまだ治療中ということも多々あります。その場合、12月から2月の3ケ月くらいお休みいただく事があります。矯正治療は休みですが、口腔内清掃に1ケ月に1回来院していただく事があります。
  • Q
    矯正をするため歯を抜く事になったのですが、リスクは無いのですか?
    A
    矯正治療では、大人の歯の第一小臼歯(前から4番目の歯)を抜くことが多いですが、将来、身体に悪影響はありません。
  • Q
    8歳なのですが、今からやり始めて治療費に差がありますか?タイミングは何時?
    A
    小学生から治療開始した場合と、中学生や高校生から開始した場合では、管理料を払う回数が異なるため、総費用に差が出ます。小学生から始めたからといって、小学生いっぱいで終わるということではありません。
    一番目の前歯が永久歯に生え終わった時点で、一度診てもらったほうが良いと思います。
  • Q
    8歳、小学3年生の娘についてです。
    娘は噛み合わせが悪く、受け口までは行きませんが、前歯が噛み合ってしまいます。そこで現在、フッ素治療で通っている病院から矯正をすすめられました。
    上の歯の裏側から針金で歯を押していく?という治療を行うとの事でした。
    この矯正は第一段階で、その後永久歯が生え揃ってから第二段階で治療となるようです。
    費用としては、第一段階で約90,000円程、第二段階で約600,000円程、かなりの費用になります。歯並びは良い方がいいに決まっていますが、かなり高額なため、正直悩んでいます。
    そんな折に、親戚の方から床矯正の話を聞きました。床矯正がどういうものかわからず、床矯正を行っている歯科さんにメール相談した所、床矯正は乳歯の時点で始める矯正で、一日14〜15時間矯正器具を装着していくものだと知りました。
    費用としては、第一段階、第二段階はなく、すぐにはじめて、おそらく200,000円〜300,000円くらいだろうと教えていただきました。
    そこで、さらに悩みました。費用としては床矯正のほうが半額程度で済みますので、こんなありがたい事はありませんが、装着を自分で着けることが難しいのではないか、床矯正をしている医院は近くにないため、メンテナンスに通うのが大変なのではないか…それなら今までの歯科さんに第一段階をお願いして、その後考えた方が良いのか…
    何を選んで行く事が良いのか、考えれば考える程わからなくなります。
    娘の歯並びを治してやりたいと思いますが、親として、長い期間をかけ、高額でも矯正する価値があるとは思いますがどの道を選択するべきかわからず、今でも悩んでいます。
    A
    小学3年生で、前歯が咬み合っているということなので、受け口の傾向があると思いますが、受け口には、上下前歯の前後的な傾きが原因の場合と、上あごと下あごの位置の不正が原因の場合があります。
    あごの位置不正の場合、床装置のみでは治せませんので、矯正医に診てもらい判断を仰いだ方が良いと思います。
    普通、矯正治療は第一段階(一期治療)、第二段階(二期治療)の両方を行うことを前提としています。
    ですので、床矯正のみの半額で済むという考えは正しくありません。小学6年生で終わるという考えも正しくありません。永久歯を並べる治療を行う第二段階(二期治療)も必要になってきます。
    床矯正の取り外しは、5歳のお子様からでもできますし、できなかったお子様はほとんどいませんので、そこまで心配はないと思います。矯正の通院間隔は1ケ月に1回から2ケ月に1回です。1度ご家族で検討していただき、またご相談ください。
    • 矯正治療のメリット

      • 歯並びがきれいになり顔全体の印象が変わる
      • 咬み合わせの改善
      • 歯並びが良くなりむし歯や歯周病の予防
    • 矯正治療のデメリット

      • 装置を装着直後は話しづらくなる
      • 保険適用外のため費用がかかる
      • 治療期間が長くかかる

PAGE TOP