妊娠中、ご自身の体やお口の中の変化に心配になったりされていませんか?
妊娠中はお口の中に様々なトラブルが起こる可能性があります。

  • ハグキの腫れ・出血・歯がしみる・治療済みの歯なのに痛い・口臭がある気がする
  • 口内炎ができやすい・舌が敏感になる・歯が浮いたような感じがする
  • かみ合わせがおかしくなった気がする・とにかく歯が痛い・・・など

これらは実際に妊婦さんからアンケートを行い教えていただいた例です。 妊娠中はホルモンバランスの変化により、お口の環境が大きく変わります。

磨きたいのに気持ち悪くて磨けない、歯磨き粉の味さえも嫌になったり、うがいも無理・・・なんてこともあるかと思います。

体調の良い時や、お風呂のリラックスタイムに磨くのもアリです! どうしても磨けない時は、うがいだけでもやってみたり、うがいさえも無理であれば、食事後に氷を口に入れるだけでもスッキリ感は得られます。

磨ける時は、やみくもに磨くよりかは、とりあえずココ!!

磨けるときは、歯茎の際部分!!
ここを目がけて歯ブラシを当てて下さい!→→→



プラークさえ落としておけば、お口のトラブルもぐっと軽減できます。
小さめ歯ブラシや、好みの味の歯磨き粉など出来る範囲でケアしてみてくださいね!

妊婦さんはとてもおめでたい幸せなことですが妊婦さん自身はとっても大変です。元々虫歯や歯周病をお持ちだと妊娠中さらに悪化したりすることもあり、また大切な出産の時に歯の痛みによりお産に全力を注げなくなってしまうのは母子共に大変です。

出産前に、お口の状態も万全に整えておくことがとても大切です。

お子さんが生まれたら・・・

お子さんの歯は順番で萌え始めますがお子さんの歯は妊娠初期から作られ始めております。
赤ちゃんは虫歯菌がない状態で生まれ、保護者、特にお母さんから感染することも多いです。赤ちゃんは呼吸の練習をしながら産まれてくるので、 口をパクパクしながら産道を通ると言われ、そこで初めて感染するとも言われています。

出産までにできるだけお母さんの虫歯菌を少なくしておくことが、母子感染を防ぐ第一歩になります。

つまりお母さんは妊娠中から、お子さんの虫歯予防が必要になってきます。
出来ることなら出産までに虫歯の治療を終え、お口の環境が清潔に整った状態で出産に臨んで頂くことが、生まれてくるお子さんの1番の虫歯予防につながります。

虫歯菌との1番の戦いのとき

生まれた後、1歳7か月から2歳7か月の間に、細菌がお子さんのお口の中に定着すると、一生虫歯が出来やすいお口になってしまいます!なんと一生です!!
この時期に甘いものをダラダラ与えてしまうと、その後一生虫歯に悩まされる人生になってしまいます!!

生涯歯に困らずおいしく食事していただくには、この時期の食生活が大変重要になります。

この時期だけでも、保護者の方も甘いものを控えていただいたり、おじいさまおばあさまにもご協力していただいたりしてみてはいかがでしょうか。

歯が生え始めたらフッ素も使用できます

フッ素とは、虫歯菌の出す酸に溶けにくい歯にしてくれます!!
フッ素は緑茶やリンゴ、牛肉、魚などにも含まれ、自然界に天然に存在し、日常生活の中でも自然と摂取しているものになります。

ご自宅で使えるもの、歯医者でできるもの、色々種類があります。保護者の方にももちろん使えますので、親子で虫歯予防に努めてくださいね!

妊娠中はたくさんの変化があります。不安なこと、疑問なこと何でもお話下さい!

当院のスタッフには出産経験者のスタッフもいます!
産まれたお子さんの歯のケアのこと、虫歯予防、母子感染など、 お悩みは全部お話しください!
保育士も出産経験したママさん保育士です!安心して産後数ヶ月でも託児を ご利用下さい!(要予約)

産まれてからは、お母さんは体調が戻るのも時間が掛かります。赤ちゃん優先でなかなかご自身の時間もとれなくなる可能性が高いです!
お口のトラブルが起きてしまい、治療に通わなくてはならなくなるととても大変です!!
妊娠中、はてまた妊娠前からしっかり定期的にメンテナンスしていただくことが、実は産後の生活にすごく関わってきます!! 

もみの木歯科では妊婦さんと、生まれてくるお子さんのお口を末永く守るために、しっかりケアさせて頂きます!

毎日家事に育児に主婦業に大忙しのお母さんの少しでもお役に立てますように・・・

妊娠中のよく聞かれるご質問

いつから歯科治療が受けられる?

安定期の5か月以降が安心して受けられます。

レントゲンは撮っても大丈夫?

当院では妊娠中は基本撮影しておりません。
しかし、緊急時等、必要性が高い場合はお腹にX線が当たらないように防護衣で保護します。歯科で使用するX線は線量は微量で影響はほとんどないと言われています。

麻酔は問題ない?

妊娠初期での麻酔には注意が必要ですが、麻酔を行う方が妊婦さんの負担軽減につながる場合は 麻酔をして治療を行います。

処方された薬は飲んでいいの?

お子さんでも飲めるような弱いお薬を処方します。麻酔と同様、お薬を飲んだ方が妊婦さんの負担 軽減になる場合は処方致します。

治療中トイレが近くなったら・・・

遠慮なくおっしゃってください!診療中も膝を立てて頂いたり、楽な態勢をお取りください。 クッションもご用意しております!

妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを摂られるの?

「子供にカルシウムを摂られて歯が弱くなった」とよく言われますが、妊娠で歯からカルシウムが 抜けることはありません。つわりなどで歯磨きが十分に出来ずに虫歯になりやすくなったため、 と考えられます。

妊娠すると虫歯になりやすいの?

つわりによりお口の中が清潔に保てなくなったり、食事が不規則になったり、唾液の量が変化し することが原因でお口の中が虫歯が出来やすい環境になってしまいます。 お口の中を清潔に保つことで虫歯予防ができます。

妊娠すると歯周病になりやすいの?

妊婦さんの約半数に妊娠性歯周炎という歯周病が見られると言われています。妊娠によるホルモン バランスの影響で、歯茎が炎症を起こしやすくなり、出血しやすくなります。早い時期からお口の中 を清潔に保つ習慣を身に付けておくことが大切です!

旦那や家族も虫歯が多いけど遺伝しないか心配・・・

ご家族の方に虫歯が多いと、その虫歯菌がお子さんとのスキンシップや、お食事時の同じスプーン などで移ってしまう可能性が高いです!ご家族の方も虫歯治療を行い、クリーニングでお口の中を清潔 に保っておくことが望ましいです。

何でもご相談下さい