「自分たちでも安心して通える歯科医院へ」
衛生管理・院内感染予防への取り組みと挑戦

「他の人の口を触った手袋のまま治療を続けられた」
「器具の滅菌が不十分である」


という歯科医院では治療を受けたくないですよね。

しかし、患者様からは、通院している歯科医院でどの程度の衛生管理がなされているのか分かりません。また、医院の内装がきれいだからといって、衛生管理が徹底されているとは限らないのです。

当院の患者様には、不安を持ったまま治療を受けて頂きたくありません。そこで、当院が行なっている、衛生管理、院内感染予防対策についてご紹介します!

専用の高温高圧滅菌器(オートクレーブ)を使用

使用した器具は、1つ1つを高圧高温下で滅菌し、全てのウイルスと細菌を殺します。

完全滅菌を行っていますので、可能ですので、安心して治療をお受け頂けるはずです。

全ての器具を個別に滅菌・消毒しています

治療に使用する器具は、個別にパックして滅菌を行なっております。

パックにすることで、準備段階で汚れてしまったりすることがなく、無菌状態のまま治療に使用できるので安心です。

手間がかかるため、多くの歯科医院では行っていない取り組みですが、実は大切なポイントです。

ドリルも患者さまごとに洗浄!

歯の削るときに使うドリルの先と本体を、1本ずつ丁寧に滅菌使用しています。実はドリルの先はとても汚染されやすい部分です。唾液や血液を完全に除去し、滅菌された状態の器具を使用することは治療の精度を高めることにもつながります。

また、実はドリル本体を一本一本滅菌する医院は多くありません。なぜなら、ドリル内部に混入した唾液や血液を完全に滅菌することは、構造的に非常に難しいと言われており、専用の機器が必要となってくるからです。

落ちにくい汚れには超音波洗浄機

治療に使用した器具には「目に見えない汚れ」も沢山付着しています。消毒・滅菌処置を行なう前にこれらの汚れを完全に除去しなければなりません。

汚れが完全に落とせていないと、滅菌・消毒をしても完全でない場合があり、『二次感染』の恐れがあるためです。

当院では、目に見えない汚れまで落とすために、超音波洗浄機を使用した上で、滅菌・消毒をしており、どんな汚れにも対応出来るようにしています。

手袋も全て変えています!ディズポーザブル製品の使用

手袋、エプロン、ヘッドカバー、コップなどを、環境に優しい使い捨て製品(ディスポーザブル)を適切な衛生管理の元、使用しています。

もちろん手袋は、全て患者さまごとに交換しています。 患者様目線に立ち考え、できるだけ不快感なく治療をお受け頂けるようにしています。

以上は、当院の院内感染予防対策の一部です。今後も技術の進歩と共により良い衛生管理技術や機器が出てくるかもしれません。その都度、常に患者様目線を大切にしながら導入を行なっていきたいと考えております。

清潔に、安心の治療をご提供し続けるために、今後も衛生管理、感染予防にはこだわりを持って取り組んでいきます。

何でもご相談下さい