マイクロスコープ・CT導入〜より高精密な根管治療を目指します

当院での根管治療(歯の根の治療)

根尖病変(根の病気)の原因は根管内の細菌感染が原因と考えますと、

  1. 感染させないこと
  2. 感染物質をできるだけ除去すること
  3. 歯根破折、穿孔(ヒビ割れ、穴)などの有無の確認し適切な処置

などが重要になってきます。問題を眼に見える形で明確化することにより、より確実なものとなります。

マイクロスコープ・CT Xrayの導入

マイクロスコープ マイクロスコープとは歯科用の顕微鏡のことです。

歯科用マイクロスコープは高価な機械であるため、日本の歯科医院において、あまり普及していないのが現状ですが、もみの木歯科では、より精度の高い治療を行えるようマイクロスコープを導入しました。

それにより、今までの肉眼に頼った作業より、高い倍率で歯を見ながらの治療が可能になりました。

マイクロスコープ またCT Xrayは、3次元の立体画像として、とらえられるレントゲン装置です。

インプラントや埋伏した歯の抜歯、また、矯正や耳鼻科の領域にも応用されます。

歯の根の形状も精密な画像でとらえることができ、単に見えなかった世界が見えるようになることは当然治療の精度が上がり、歯を残せる確率は飛躍的に高まりました。

1. 感染させないこと

人の体には100兆を超える細菌が住んでいますが、それらの細菌と人は共存をしています。それらとの共存が壊れて、感染を起こしたときに、体は防御反として炎症(発熱、疼痛、発赤、腫脹、機能障害)を起こします。

ですので、歯科治療を行う中で大切なことは、炎症の元である歯の中に存在しない細菌を根管内に侵入させないことです。

ラバーダム(防湿用ラバーフィルム)を装着することで、唾液からの感染を防ぎます。

神経を取らない治療症例

神経を取らない治療症例 神経を取らない治療症例 神経を取らない治療症例
神経を取らない治療症例

今まで、当院でもラバーダムを使用しておりましたが、症例や部位などによって選択的に使用していただけでした。

これからの当院での根管処置は唾液1滴で、全ての処置が無駄になってしまうという気持ちで、徹底した下準備をし、よりリスクを排除した上で治療を行っていきたいと思っております。

また、ラバーダムを装着することで治療中に使う薬剤から粘膜を守り、治療器具の誤嚥(ごえん)・誤飲防止にも役立ちます。

2. 感染物質の除去

根の形状などの見える化(3D CT Xray)、マイクロ、拡大鏡(ルーペ,2.5,3.0,4.5倍)使用により、より感染物質の除去を行うことができます。

感染物質の除去 感染物質の除去

3. 歯根破折、穿孔などの有無の確認

歯根破折、穿孔などの有無の確認

マイクロスコープとCT撮影を併用にて確認

今までの歯科治療は大部分が肉眼に頼ったもので、時には狭い口の中を手探りや勘で治療を行うこともありました。

そのため、どうしても必要以上に削ってしまったり、感染物質を取り残してしまうこともありました。

歯科用マイクロスコープを使用することで、最大で肉眼の約20倍での高い倍率で歯を見ながらの治療が可能になり、削る量を最小にして治療ができ、また勘に頼る手探りの治療を脱し、目で見て確認した治療が可能になったこと、また、CTレントゲンで歯の縦断面や立体的な構造を把握して治療を行うことで、今まで発見できなかった小さな患部の判別が簡単にできるようになり、成功率が飛躍的向上したと実感しています。

何に対してもそうですが、歯科治療の最新の機器を導入したからといって、すぐに使用できるものではありません。

使用するにあたって、専門知識と技術が必要です。
当院のドクターは、マイクロスコープの使用するにあたり、多くの研修会や、日々のトレーニングを積むことにより、より良い歯科治療を提供できるよう努めております。

何でもご相談下さい