スタッフブログ

[2020年7月30日] どうして差し歯の再治療になるの?

こんにちはもみの木歯科出口です。

「差し歯してあるところ、
一度治した歯なのにどうして再治療になるの?」

というご質問をいただくことがあります。

イラストRCT.png


まず、差し歯とはどういう状態か?

当院では「被せ物」などと呼ぶことが多いのですが、

被せ物が必要になった経緯は、おおよその場合、

虫歯が歯の神経まで達してしまい、炎症を起こして痛みを生じてしまったので、

炎症している神経を取って、

神経が入っていた歯の根の中を消毒やお掃除をして綺麗にし、

ある程度綺麗になった後、

歯の根の中に最終的なお薬を充填し、

被せ物の土台となるコアを立てて、形を整えた後、

型取りして全体を覆うタイプの被せ物を作って

セメントでしっかりくっつけた状態かと思われます。

絵でいうとこんな感じです。

かぶせと土台.png
被せ物をしたら「この歯はもう虫歯にならない」「痛くならない」

と思われる方も多いかもしれませんが、

一度治療した歯というのは、何一つ削っていない天然の健康な歯に比べると

残念ならが再治療が必要になる確率は高いのです。

再治療の負のサイクルと言うのですが、

負のサイクルに乗らないためにも、

しっかりと歯ブラシやお掃除をしてメンテナンスをしてあげることで、

もちろん予防や、治療の早期発見につながります。


絶対再治療になるとは言いきれませんが、

万が一再治療が起きてしまったときのことを想定して、

どのような状態になりうるのかご説明したいと思います。



ハミガキやお掃除不良によって、歯周病で歯ぐきが痩せたりすると、

被せ物の形と歯茎の形が合わなくなったり、長年使っている被せ物のセメントの劣化などにより、

隙間ができて、被せ物を支えてくれている根元の歯自体が虫歯になったりします。

musiba.jpg

これは、痛みや染みるなどの感じる役割の神経がないので気づきにくいと思います。

「差し歯・被せ物が取れた」と持ってきていただいた物がつけられるか確認すると、

中を見たら虫歯になっていたなどがよくあるパターンです。

この場合は、再度、歯の根のそうじの治療からやり直しになりますし、

被せ物も、虫歯の分を削らないといけないので、形が変わってしまいますので、

作り直しになります。

それだけでなく、元々歯の根の歯の面積(歯質)が少なかった上にさらに虫歯になって

削ると、もう歯を被せるだけの面積が取れないという場合もあります。

歯科医師としても悩ましいことになります。

無理やり被せると、被せ物が取れやすく、歯の根が割れてしまいやすくなるので、

何とか歯の根を引っ張り上げてくる処置をしたりと、手間のかかる処置をしてでも、

何とか残せる根は被せ物をしてあげたいという思いから、

そういった処置を提案をすることがあります。

そこまで望まれない方には、被せ物がすぐ取れやすくなってしまうことや

割れてしまうと抜歯になってしまうこともあるなど、

無理やり被せるリスクを説明する必要があります。

一般に神経を取った歯は、歯質が薄くなっていることも多いので、割れやすく、

ヒビが入ったりしてしまうと腫れたり痛みの原因になることもあるので覚えておいてください。

一番は、神経を取らないで済むように予防が肝心です!!


そして、もう一つよくあることが、

神経をとっている歯の根の中に再度細菌が再繁殖して、

根っこの先に膿の袋を作る場合があります。

PER.png

画像の根の先に小豆色の豆粒みたいな丸い影があると思います。

このあたりから膿が周辺の組織に広がっていき

ひどい方だと歯の根を覆うように大きな黒い影が広がっている様子がレントゲンに写ってきます。

神経の治療の難しさは、中をお掃除して消毒する際に

唾液を防湿して無菌状態で細菌が再感染しないようにすることが大切です。

しかし、根っこが目に見えないくらい細かくて複雑な場合、細菌を除去しきれませんし、

しっかりお薬で密閉して細菌が入らないようにしても、

膿んでしまうこともあるのです。

根の先が膿んでくると、歯ぐきが腫れたり、神経はないので周辺の組織の痛みや違和感、

噛んだり叩くと響くような痛み、膿が歯茎の方に逃げ道を作って出来物ができるなどの症状が出ます。

無症状の人も見えますが、放っておいても治るものではありませんから、

再度被せ物を壊して取って、中の根のお掃除消毒をし直すことで、

膿の袋が小さくなっていきます。

なかなか小さくならない場合もあるので、膿の袋が出来た根の治療は回数がかかる場合や、

様子を見る必要があるので、落ち着くまで時間がかかる場合があります。

体調が悪いと膿や腫れがひどくなることがあるので、

しっかり休養や栄養をとるということも大事です。

ひどくなると歯ぐきの腫れが顔までわかるくらパンパンに腫れてきますので、

歯茎を切開して膿を出してあげ、抗生物質で落ち着くのを待ちます。

治療したからと言って、安心せずメンテナンス健診は欠かさず、

治療していない歯を虫歯にしないということも大切ということを予備知識として

覚えておいていただけると、うれしいです^^