スタッフブログ

[2020年1月30日] もみの木歯科ブログでデンタルローンについて勉強!

こんばんは!!

もみの木歯科、受付の出口です。

新型コロナウイルスに罹患されたかもしれない中国の方が三重県松阪市内の病院で入院中ということで、

他人事でないニュースを見て驚きおののいています。


手洗いうがいマスクで予防し、できるだけ人込みなど、

いろんな菌をもらいそうな所にはむやみやたらに行かないようにしたいなと思います。

また、SNSやデマ情報などをうのみにせず、焦らず正しい知識でとTVが言うように

怖がりすぎないようにしていきたいですね。

咳.jpg

日頃から、風邪予防などでも言われていることですが、

顔とくに鼻とか目とか口とか触る癖がある人は、

菌やウイルスがついた手で触って移りやすいそうですので、

女性はメイクもとれますし、個人的に私は顔を触らないを意識してみます。

あと、家族間の感染を防ぐために、この時期はタオルを使い捨てペーパータオルにしたり、

個人用タオルにしたりするのもいいそうですね。

スマホ.jpg

あと、携帯とか電気のスイッチとかドアノブとか、車のハンドルとか

菌やウイルスがついてそうなところは除菌したり、抗菌スプレーをしたり、

お金とかおつりの受け取り口とか手すりとか、

不特定多数が触るものを触ったらすぐ手を洗ったりとか意識してみると

日頃から予防ができることは沢山あると思います。

洗面台.jpg

ウイルスに関しては未知な部分が多いので、除菌アルコールで死なないかもですが、

空気感染、飛沫感染も各個人が意識してエチケットを守っていれば、

感染確率を低くすることはできると思うので、地道にできることを続けたいなと思います。

しかし、歯医者でも必須のマスクが品薄状態で在庫の確認などしました。

全国的に品薄状態とのことで、ネットで高値で販売されているものもあるそうです。

本当に必要なところに必要な供給がされるよう無駄に買い占めることも避けたいですね。

これからどうなっていくのか心配ですが、みんなで予防を頑張りましょう!

前置きが長くなってしまいましたが、

貯金箱.jpg

今日は、デンタルローンについてのお話しです☆

みなさんはデンタルローンって聞いたことがありますか?

歯の治療で保険が適用されない自費診療(自由診療)の

高額治療費をローンを組んで、ご自身にあった金額で分割支払いする方法のことです。

例えばインプラントとかセラミックなどのかぶせ物などは1本だけでも高額ですが

本数が多い方はとくに高額になりやすいです。

そういった高額な治療費の支払い方法は、

通常は現金一括やクレジットカードでの一括~分割

または一部現金で残りはクレジットカードでなどの方法がありますが、

子供家計簿.jpg

納得のいく治療を受けるために、年数や金利手数料ががかかっても、

経済的負担額を減らして希望の金額ずつで支払いたい

というご希望に合わせて、当院でも少数ですがデンタルローンでの

お支払いもできるようにご案内はさせていただいします。

ローンを契約する会社によっては金利が少しだけ違ったり、

特典でポイントの還元があるところなどもあるようです。

そして、使える金額が3万円からとか10万円からとか、

ご利用回数が6~60回とか3~84回とか回数が違ったり、

年齢18歳以上で安定した収入がある方、20歳以上〃など、

若干の条件が違うので、よく調べてみるのもおすすめです。

ただ、歯科医院がその会社と契約しないと手続きに進めないので、

注意が必要かも。

手続き自体は、スマートフォンで簡単に審査を受けられるようになっているようですので、

ご興味がおありの方は、受付スタッフまでお申し付けください。

ちなみに、デンタルローンで支払った場合でも

医療費控除の対象になるそうですので、ご参考までに。

医療費控除については、国税庁のホームページをご覧になるか、

最寄りの税務署にお問合せいただくとよいかと思います。