スタッフブログ

[2019年11月15日] 子供の歯科検診はいつ受ければいいの?

こんにちは!歯科助手の奥田です!!!

お子様は初めての歯医者さんには何歳になったら連れて行けばいいの?考えた時はありませんか??👶🏻

虫歯との戦いというのは、乳歯が生え始めたころからと言われており、母乳の残りカスがお口に残っていると虫歯になりやすいため注意が必要となります🤱🏻

しかしなかなかお口の中を触らせてくれないお子様も多いと思いますが、ぬるま湯に浸したガーゼや乳幼児用歯ブラシで汚れをやさしく取り除いてあげることが大切です。

乳歯が虫歯になるとあっという間に進行してしまうことがあります。

また、乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になるリスクが高まるのと、顎の正常な発達を阻害し、歯並びの乱れにつながる場合もあります。

そうなってしまうと歯磨きもしづらくなり、さらなる悪循環になります。

乳歯が生える時期には個人差がありますが、生後半年くらいで乳歯が生えてきます。1歳半から3歳くらいの間にすべて乳歯、20本生え揃うと言われています。

生えたての乳歯というのは、大人の歯に比べてエナメル質・象牙質ともに層の厚さが半分くらしかありませんので、歯が薄く歯質が弱いため虫歯の進行が早く、早期発見・予防が肝心です。

生え揃ったタイミングで一度お口の中を見せにご来院いただくことをおすすめします。

まずは1歳半検診、3歳児検診に受診していただき、その際に何か問題が見つかれば来院し上下の前歯が生えそろう3歳頃には一度きちんと診察を受けることをお勧めします。

そして、612歳の間に、乳歯から永久歯へと生え変わりが始まります。

乳歯が抜けると、歯がデコボコで歯みがきがしづらくなるため、大人の方が仕上げみがきでしっかりチェックしてあげましょう🦷✨

生え始めの永久歯は、乳歯同様に虫歯への耐性が低いので、歯質を強化するフッ素塗布が効果的です。

当院ではお子様への歯磨きの仕方やお菓子のあげ方など様々なアドバイスをさせていただくので、気になることや分からないことがありましたら、定期検診時にご相談ください!!

318A50F9-7762-4278-B85E-A91C3870EF1A.png