スタッフブログ

[2019年10月19日] 電動歯ブラシについて

こんばんは!もみの木歯科 歯科衛生士 瀬戸です!!

今年は大型台風で多くの被害がありましたね。

一刻も早く元の生活に戻っていただけることを願っております。

自然災害はいつ起こるかわからないので、今の生活が当たり前ではないことを思い、11日を大切に過ごしていきたいです。

 

 

今日は電動歯ブラシについてお話ししていきたいと思います(^^)

電動歯ブラシはいいの?電動の方が手用歯ブラシより磨けるとお声を頂きます。 

電動は自動で動きますので、歯垢などをとれやすく、歯磨きの時間も短縮できます!! 

 

電動歯ブラシには①電動歯ブラシ②音波ブラシ③超音波ブラシの3つの種類があります

 目的は歯垢を落としてくれますが実は種類よって、磨き心地も違います。

電動ブラシは、歯ブラシのヘッドが動くことにより、歯垢を落とします。

しかしそれ以上の効果はなく、歯ブラシを手動でシャカシャカしなくて良いというものです。

音波ブラシは電動ブラシ同様、歯ブラシのヘッドの振動で歯垢を落とすことと音波を出す特徴があります。

 音波によって高速の水流を起こして、水流の力により歯垢を落とします。

この音波には歯垢を落とすだけではなく、プラークの中に大量にいる細菌の繋がりを断ち切るという効果があると言われています

音波ブラシより、さらに振動によって、歯垢を強力に除去するのが超音波ブラシになります。

 超音波ブラシも音波ブラシ同様、プラークの中の細菌を断ち切ることができ、細菌が付着しにくい歯にもしてくれます。手用歯ブラシを使った手磨きでは、綺麗に磨くことはできても、細菌を断ち切るということまでは出来ないので、音波ブラシや超音波ブラシは、とても優れています。そして磨いた後も、歯医者さんでクリーニングしたかのような歯のツルツル感を味わうことが出来ますよ!

 

そうすると電動歯ブラシの方が、良いと思いますよね?

しかし、手用歯ブラシにもメリット、電動歯ブラシにもデメリットはありますので、お話ししていきますね(*^^*)

 手用歯ブラシのメリットには歯ブラシは安く、いろんなタイプの毛先や、持ち手の歯ブラシがあり、

自分の歯の状態に合わせて購入ができます。 歯磨き粉を使用して、爽快感があります。

デメリットは きちんと磨けているのか? 磨くのに得意な場所と磨きにくい場所があり、 しっかり磨こうと思うと、時間がかかりますよね・・

電動歯ブラシのメリットは手磨きでは、取り除きにくい歯垢を、除去でき、磨く場所によって磨き易い、磨き難いがなく、全体を磨くことができ、歯磨きの時間が短いことです!

ですが、デメリットには 価格が高く、振動が気持ち悪く、歯や歯茎を傷めてしまうなどがあります。

色々な考えがありますが、最終的には、自分が何を求めるかによってオススメするものは変わります。

歯磨きをする時間がないと言う方には、電動歯ブラシの使用をお勧めです。

 電動歯ブラシは、商品にもよりますが、お口全体の歯磨きを約2分程度で磨けると言われており、2分でしっかりツルツルの歯になります。手用歯ブラシで、ツルツルになるレベルまで磨こうと思うと、とても時間がかかってしまいます・・。優しく磨きたい、振動が嫌だと言う方には、手用歯ブラシの使用が良いかもしれません。

 電動歯ブラシは、初めて使う方は、その振動に驚かれる方が多いですが、この振動も使用して1週間もすれば慣れて、違和感なく使えるようになります。しかし、この慣れるまでの期間に、「振動が気持ち悪い」と言って、使用されなくなってしまうことが多いです。手用歯ブラシで手磨きする感覚とは、全くの別物だと思って下さい。

そして、一番大切なことは正しいブラッシングが出来て、両者とも効果があります。

間違ったブラッシングをしていると、歯磨きをして歯を綺麗にするどころか、歯や歯茎を傷めてしまうことになります。もし電動ブラシを買おうとなった時は高くなりますが、音波ブラシもしくは超音波ブラシを購入されると良いと思います。

どちらを使用するにしても、歯科医院で正しいブラッシングの仕方を教えてもらってみて下さいね。

また電動だけですと、歯と歯の間やハグキの境目の細かい所が届きづらいですので、プラスで手用歯ブラシもこすって頂くと歯垢がより除去しやすく、歯茎が炎症している方は手用の歯ブラシでしっかり当て込んでいただくと歯茎が治りやすいです(^^)

分からない事などはいつでもおしえてくださいね!

illust1260.png