スタッフブログ

[2019年2月15日] 舌の歯ブラシ👅って必要?🌸

こんにちはもみの木歯科受付の出口です(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

昨日はバレンタインデーでしたね❗️❗️❗️❗️💖💖💖💖💖💖💖💖

皆さんはチョコやお菓子をあげたり、貰ったりしましたか?🎁💖

私は、お姉ちゃんとチョコマドレーヌを焼いてみました🍫

6883814C-973C-4069-8D11-0606658F2685.jpeg

ご覧の通り、マドレーヌ型をなかったのでフィナンシェ型で

焼いています。イメージの物とは少し違いましたかね笑😅

しかも型の8分目以上入れてしまったので膨らんで少し不格好になってます笑

焦がしバターを作るところが加減がわかりにくくて難しかったです。

フィナンシェとマドレーヌはどう違うのかって気になったので、

調べてみるとフィナンシェはアーモンドプードルが入っていて

その分、食感が少しサクサクしてるらしいですね。

パン教室で習ったんですが、どう違うんだっけといつも忘れてしまいます。

味は美味しくできたのでよかったです。

そして、甘いもの食べた後は必ず歯磨きを❗️

今日のブログタイトルに無理やり繋ごうとしてみました。

今日は歯みがきではなくて、舌ブラシについてお話しをしてみたいと思ってます。

皆さん、舌ブラシって使ったことありますか?

c0dc83ffd8b5826d736d6cb29faa4a30_s.jpgのサムネール画像


「舌も磨くべき?」「舌ブラシ使ったほうがいい?」

というご質問がありますが、これは専門家や先生によって意見がわかれることもあります。

舌にある苔みたいな汚れは、口臭の原因になることがあるので

気にして落としすぎると、舌を傷つけてしまい、

味覚障害や、唾液の減少、かえっての口臭

につながってしまうことがあるため、

磨かない方がいい!という方や

口臭の原因になるので、磨いてもいいが磨きすぎには注意!という方など

それぞれの意見があります。

そもそも舌の苔ってなんなのかなと思うのですが、

専門的な呼び方は、「舌苔=ぜったい」というらしいのです。

舌は通常ザラザラとした細かい突起のようなもので覆われています。

7e804f32ec22b643864dd62bbed18b2a_s.jpg


「味蕾=みらい」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

舌には繊細な味の違いを感じるための、味蕾というセンサーがびっしりあります。

この味蕾をもし広げられるとしたら、かなりの面積になるそうです。

舌の上に畳10枚分と聞いたことあるのは本当でしょうか??

それだけ細かな突起に覆われている舌なので、

食べカスとかお口の中に発生する生理的なカスとかが、

細かい突起に引っかかるのはうなずけますね。

とくに、色が目立つものを食べたり飲んだりすると解りやすいと思います。

私は、よく牛乳を飲むと舌が白くなるのが気になるので、優しく奥から手前に

1方向にむかって、自分の持っている歯ブラシをサッと1~2回

滑らす(なでる)程度で磨きます。(この時ゴシゴシとは磨きません)

舌ブラシがなくても実は磨けます。

舌を傷つけない柔らかい物であれば大丈夫だと思います。

磨くなら、1方向に奥から手前、奥から手前に、やさしくやさしく1~2回です。

本来なら、唾液で自然と舌の汚れは流れ落ちていくのが理想的。

それでも、唾液の量が減ってしまう深夜寝ている間とか、体調が悪い時とか、

緊張やストレスでも唾液は減ってしまうので、臭いや汚れが気になった時は、

上記のことを意識して磨いてみてくださいね。

舌が炎症を起こしたり、ひび割れたり、色がいつもと違ったり、

異変を感じた場合は、舌は体調を表すバロメーターになると言われています。

すぐに専門機関に相談されることもおすすめします。

毎日の過度な舌磨きはよくありませんが、

歯みがき時に、毎日舌の変化をチェックをするのはとても良いことだと思います。

ぜひ、みなさん参考にしてみてください(*^∪^*)