スタッフブログ

[2019年1月19日] 1月も中旬

こんにちは、もみの木歯科 歯科医師の丹羽です。

1月も中盤を過ぎてきました。

受験や国家試験のシーズンですね。

小学校、中学校、高校、大学、大学院、国家試験等色々ありますが、そこの合否は人生に大きく影響します。

例えば、歯医者になるには歯学部に入らなくてはいけません。入らないと歯医者にはなれません。

小学校から高校まで一貫校、中高一貫校、高校、他の大学に途中まで通ってた、卒業してきたなど、全然違う環境にいた人が大学では一緒になります。高校を卒業するか同等の資格があれば、それまでの過程は関係ありません。多くの他の学部は大学で4年間学んで就職を決めますが、歯学部は大学に入った時点で歯科医になると就職を決めた人がみんな一緒に6年間勉強をします。でも、最近の歯科医師国家試験の合格率は65%前後。学生時代は「隣の人が受かったら、自分は落ちると思え」と言われたくらい精神的に苦しい中、国家試験に受かるために勉強をしました。(ついでに、歯科医はワーキングプアという感じに雑誌に書かれて、歯科医になってもなれなくても大変だって感じでした。今もAIで食えなくなる職業1位らしいですが。。。)

国家試験に受かると研修が必須になります。

この研修先も応募者多数だとちょっとした試験があります。

僕は将来、「地域に根ざした開業医になりたいな〜」と漠然とした思いをもとに、「高齢化社会になるから、健康とは言い難い色んな全身状態の人が増える世の中になるから、そういう人にも対応できるようにならなきゃアカンなー」と思い、口腔外科で研修をして、今は地域に根ざした歯科治療を提供するもみの木で学びながら働いています。

というわけで、試験は合格することが目的ではなく、やりたいことをやるための中間チェックポイントみたいなものなので、受験生の皆さんは頑張ってくださいね。

 

さて、話は変わりますが、歯医者さんで標榜できるのは歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科の4つだけです。

大学とか大病院は他にも補綴科、歯周病科、歯内療法科、障害者歯科、高齢者歯科、インプラント科、放射線科など色々な専門に分かれていますが、基本的には上の4つ以外は標榜できません。

歯科医の資格があれば、専門医の資格がなくても上の4つはどれを標榜してもしなくても問題がありません。

ただ、役割として、開業医の多くは専門の資格はなくても、一通り勉強をしていますので、診断をして、自分でできる治療は自分で行います。そして、必要があれば専門医のいる病院に紹介をして連携をします。

例えば、口腔外科です。

親知らず一つにしても色々な生え方がありますので、当院で抜ける親知らずもあれば、抜けないものもあります。抜けないものには生える位置方向、神経との距離、全身状態など色々な理由があります。

他にも、ガンや粘膜疾患などのチェックもします。

ただ、怪しいのはわかりますが、確定診断やオペは開業医ではなかなかできないので、専門の口腔外科に依頼します。

何か大きな全身疾患を持っていて、処置をするのにはリスクが高い場合も、他の科があり緊急処置に対応できる大きな病院の口腔外科に紹介することもあります。

つまり、一般歯科と病院の口腔外科の違いは一般歯科では対応できない処置や全身管理が必要な処置に対応する技術や環境が揃っているか揃っていないかです。

何科にかかったらいいかわからないという患者さんだったり、専門の方が良いのかなと考える患者さんもいますが、一般歯科は診断をして必要ならば専門のとこに紹介しますので、何か気になることがあれば、いつでもご相談ください。

[2018年12月26日] 歯磨き粉について

こんにちは!             

歯科医師の大森です。

12月ももう終わりが近づいてきました

時間が経つのは早いですね。

去年は、松阪マラソンに出場したのですが、今年は、お伊勢さんマラソンに出場しました。

5キロでしたが、ゆっくり走っていたので思ったよりしんどくなく、完走できて良かったで

す。

インフルエンザが流行っているみたいなので、体調管理をしっかりしていきたいですね。

 

さて、今回は、どういった歯磨き粉を使用したらよいかについて説明していきたいと思いま

す。薬局にはたくさんの歯磨き粉があり、何を使用したらよいか迷いますよね。今回は、歯

磨き粉の成分についても触れながら、お話していきたいと思います。まずは、歯磨き粉の種

類についてです。歯磨き粉の成分には、基本成分と、薬用成分があります。基本成分は、歯

基本成分には研磨剤保湿剤発泡剤結合剤甘味料着色料防腐剤可溶化剤が入っ

ています。メインの基本成分を説明すると、

研磨剤・・・歯面の滑沢化を行う(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、ピロリン酸カルシ

                ウム等)

保湿剤・・・水分の減少による硬化の防止(グリセリン、ソルビトール、プロピレングリコ

                    ール等)

発泡剤・・・発泡させることで、有効成分を口腔内に分散させる。(ラウリル酸ナトリウ

                               ム、ラウリルスルホン

                               酸ナトリウム、アルキ

                               ルスルホン酸ナトリウ

                               ム等)

結合剤・・・固相と、液相の分離防止(カラゲナン、ヒドロキシエチルセルロース、

                  アルギン酸ナトリウム等)

防腐剤・・・歯磨剤の変性、腐敗の防止(安息香酸ナトリウム、パラオキシン安息香酸、パ

                   ラペン)

香味料・・・爽快感の付与

甘味料・・・使用感の改良

 

薬用成分は、基本成分に加えて入っている成分になります。効果としては、虫歯の予防を促

ものや、歯周疾患の予防や、知覚過敏口臭予防等があります。細かい成分は、たくさん

あるので、省きますが、歯磨き粉の見出しに歯周病予防の成分配合、知覚過敏の方にオスス

メなど、書いてあります。基本的に、歯磨き粉を選択する時、自分の症状と、見出しに書い

てある合うものを選んで頂ければ大丈夫だと思います。大抵、一種類の成分だけでなく、

虫歯予防や知覚過敏に効くなど、いくつかの成分が入っていることが多いです。

虫歯予防の成分の一つとしてフッ化ナトリウムがあります。いわゆるフッ素が含まれてい

る、というのは、このことです。以前は1000ppmまでだったのですが、近年、1500ppm

まで歯磨剤にフッ素を含有してもよいとなりました。今市販でも1450ppmのものが売ら

れるようになりました。フッ素については、別のブログで詳しく話しているので、ここでは

触れませんが、6歳未満のお子さんには使用はできないのですが、虫歯の予防(歯を修復す

る唾液の働きを促進させる)に効果があるので、是非フッ素の濃度も、歯磨き粉にかい

てあるので、確認して購入してみてください。ちなみに、歯磨きしたあとは、お口の中にフ

ッ素が留まるように、うがいは、少なくしたほうが良いとされています。

                                  歯磨き粉.pngのサムネール画像

[2018年12月20日] 入れ歯のお手入れどうするの??

こんばんわ!歯科助手奥田です!(^ω^)
今年も残すところ後1週間になりました、1年があっという間に過ぎていくように思います。
それだけ充実した生活を送れてるのかなあと思います!

そしてもみの木歯科のお正月の休診日は12/29の午後〜1/6までの約1週間いただいております。
皆様にはご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。

さて、本題に戻りまして、、、入れ歯を使用中の方は
「入れ歯を作ったがお手入れの仕方が分からない」
「入れ歯洗浄剤は毎日使用した方がいいの?」
と疑問に思った事はありませんか??
入れ歯のお手入れの仕方は、まず入れ歯専用ブラシを使って流水下で洗い流します。
スクリーンショット 2018-12-20 13.34.50.png
入れ歯を洗う際は入れ歯専用歯磨き粉を使用すると良いです。(お口に使う歯磨き粉は使用しないでください!歯磨き粉には研磨剤が含まれており、プラスチックに細かい傷をつけてしまう可能性があります)
当院では入れ歯専用歯磨き粉をご用意しておりますので、またお声かけくださいね!!
そして、睡眠中は入れ歯を洗った後に水の中に保管してくだ清潔に保つためには毎日お水は取り替えてくださいね!
スクリーンショット 2018-12-20 13.36.11.png
3日〜1週間に一度は入れ歯洗浄剤につけてお手入れしましょう。
入れ歯の洗浄剤には、部分入れ歯用と総入れ歯用がございます。
部分入れ歯をつけるのに総入れ歯用洗浄剤を使用してしまいますと、サビてしまう可能性があるので、部分入れ歯の時は専用の物を使用してください
スクリーンショット 2018-12-20 13.36.29.png
入れ歯が乾燥してしまうと、変形のもとになるので必ず水の中に入れて保管しましょう。

[2018年12月14日] 歯医者さん嫌いのお子さんの対応

こんにちは!

もみの木歯科 衛生士 中村です^^

 

今年もあと半月ですね。

12月は冬休み、クリスマス、大掃除、年越し...

イベントがたくさんありますね!

そして、大掃除といえば歯のクリーニングも大切です。

今年の汚れは今年のうちにすっきりきれいにしましょう!

xmas-santa-005s-150x150.jpg 

もうすぐ冬休みに入るのでいつも以上にたくさんのお子さんが来てくれます。

歯医者さんすき!ここに来るのたのしみにしてた!と言ってくれると

私たちもとってもうれしくなります^^

なかには、歯医者さん嫌いのお子さんもみえますが、もみの木歯科では

ひとりでチェアーに座って、上手に治療ができるようになるまで

何度も何度も一緒に練習します。

まずは、通うことに慣れてもらってそれからハミガキ、治療と

ステップアップしていきます。

 

「子どもが歯医者さんを嫌がるけど大丈夫?」と

お子さんの歯医者さん嫌いを心配される親御さんもみえますが

いつか必ず上手にできるようになる日がくるので

気長にがんばりましょう!

 

おうちでの声掛け、練習として

いきなりだとびっくりしてこわがってしまうお子さんもいると思うので

心の準備をしてから「歯をピカピカにしようね」など

歯医者さんに通う大切さを伝えてください。

そして、ご機嫌の良い時間帯を選んで来ていただくことも重要です。

おなかが空く時間や眠たくなる時間、好きなテレビ番組を見る時間を避けて

できるだけ機嫌の良い時間を選ぶのがポイントです。

集中できないタイミングに連れて行ってしまうと診察できなかったり

歯医者さんに対してネガティブなイメージを持ってしまう原因になります。

ネガティブワードを使わないことも気をつけていただきたいポイントです。

「こわい」「痛い」という言葉は不安になってしまうので

励まそうと思って「こわくないよ」という言葉は逆効果になるかもしれません。

もし、上手に治療が受けられなかった場合でも叱らずに

「がんばったね」「よくできたね」とたくさん褒めてあげると

お子さんも自信がついて、次回がんばれるようになります。

 

むし歯ができる前に予防ができるといちばんいいですね!

そのためにも定期検診をおすすめしています。

4か月に1度のペースで高濃度フッ素を取り入れることで強い歯になります。

年末は混み合いますので早めのご予約お待ちしております!


[2018年11月30日] フッ素は体に害はないの?

こんにちは!もみの木歯科 受付 太田です。

11月も今日で終わりですね!

来月はクリスマスがありますね🎅🏻🎄

皆さまどう過ごされますか?

私は今日クリスマスケーキの予約をしに行ってきました🎂

つい特典がついているとそれを目当てに購入してしまいます💦

また皆さまのご予定もお話し聞かせてくださいね♪


ところで、初診でお越しいただいたお子様の問診票にフッ素塗布についてチェックをする欄があります。

そこで、フッ素は体に害はないのか質問されることがあります。

このことについて今日はお伝えしますね!

CD3636D5-4907-406F-85FE-49686A00295E.png

フッ素が含まれていない飲食物は地球上に存在しません。

海産物や農作物にも様々な濃度のフッ素が含まれており、私たちは毎日の食生活の中でフッ素を取り込んでいます。

もちろんどんな薬でも、また、たとえ食物でも一時期に大量に摂取すると体に害を及ぼすことがあります。

成人の場合、必須栄養素として13mg必要とされています。

虫歯の予防に使われるフッ素(正しくはフッ化ナトリウムなど)は「フッ化物」で、人体に影響は少ないといえます。

フッ素入り歯磨き粉を例にしてみます。

体重20㎏のお子さんだと1000ppmのフッ化物入り歯磨き粉を一気に100g食べてしまうことは危ないことです。

歯磨き粉100gは、丸まる1本~2本分になる量です。

次に、フッ素洗口を例にしてみます。

フッ素は体重20kgのお子さんでは、急性中毒量(大量に摂取して吐き気がしたりする量)40mgです。フッ素洗口一回分7ccのフッ素量は1.6mgしかありません。間違えて一回分のうがい液を全部飲み込んでしまっても大丈夫です。

また、液を吐き出した後、口のなかに残るフッ素の量は、お茶12杯分に含まれるフッ素の量と同じですので、うがいに関して問題はありません。

 また、フッ素が添加されている水道水や歯みがき剤を使用する場合も、用量を守って適切に使えば危険はありません。

小さいお子さんの手の届かないところにおいて、親御さんに管理してもらっていれば大丈夫です。

[2018年11月10日] 歯の黄ばみ着色が気になったら...

こんばんは!
もみの木歯科 歯科衛生士 阪井です😆

11月にはいりまたぐっと気温も下がり
朝晩は冷え込んできましたね
寒くなってきたので
温かいコーヒーや紅茶を
飲む機会も増えてきましたね ☕️
気がつくと歯が黄ばんできている
茶色のすじがついてきた、、、
という方もみえるのではないでしょうか

今日もたくさんの方がクリーニングに
来ていただいたのですが
子どもも大人の方もクリーニング後に
歯が白くなった✨と言ってみえる方が多くみえます

実際クリーニングで歯が白くなるわけではなく
歯についていた着色やヤニが歯を黄ばんで落とすことで
白くなったようにみえるのです♫

今回は着色(ステイン)について
お話させていただきたいと思います

autumn_leaves.png


着色はコーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶など
身近な飲み物や
喫煙されている方はヤニがつき
歯が黒く見えるという経験を
された方も多いのではないのでしょうか🚬


原因は紅茶やコーヒーに含まれている
タンニンやポリフェノール
タバコのヤニ、タールが着色の原因となるものだといわれています

飲み物は摂取する回数も多く
小さい子供から大人まで着色はだれでもつくものです!

こういった着色やヤニがついてしまうと歯磨きだけでは
落とせなくなってしまいます、、、
しかし歯科医院の専門の機械、器具を使用することで
歯の表面が綺麗になり歯本来の白さを戻すことが可能になります💫


l02-03.jpg


歯科衛生士が専門の機械、器具を使ってクリーニングを行うことを
PMTC
プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)
といいます!
歯ブラシでは落ちない汚れもこれらによって落とすことが可能です☆

自分では見えない部分の歯垢や歯石もしっかりクリーニングさせて頂くので
歯周病やむし歯の予防にもなります!

黄ばみや着色がとれると見た目が変わるだけでなく
お口の中もすっきりして気持ちよく食事もとることができます♪

お口のケアはお家でのケアが一番重要です!
お家でのケアの方法も歯科衛生士がしっかりお伝えさせていただきます


見た目だけでなくむし歯や歯周病にならないためにも
定期検診を当医院ではおすすめしています!
気になることや分からないことがあれば
是非気軽に聞いてくださいね 🌿


p01-01.jpg

[2018年11月 6日] 歯のクリーングを受けてみませんか?

こんにちは!もみの木歯科 歯科衛生士の樋口です!

早いもので今年も残すところ2か月をきってきました。


先日メインテナンスに来ていただいた患者様とも、「次お会いするのは年明けですね~」

なんてお話しをしたり^^

これからどんどん気温が下がってくると思うと怖いです。

冷え性なもので、朝晩の冷え込みが体に堪えます。。


昨年は年末に風邪をこじらせ1か月も咳に苦しんだ苦い思い出があるので、

今年は外に出たら手洗い・うがいを徹底しております。

インフルエンザも流行ってくる季節なので、このまま予防に徹して

一冬乗り切りたいとおもいます^^

 

さて、みなさんは歯のクリーニングを受けられたことはありますか?

「歯石を取りたい」「歯の磨き方を教えてほしい」という声を頂くことが多いですが、

中には「歯石取りは痛いから嫌」「時間がないからむし歯だけみてほしい」という声もあります。


歯垢、歯石が溜まった状態を長く放置してしまうと、むし歯はもちろん、歯周病が進行する可能性がすごく高まります。


歯茎がブヨブヨと腫れている、歯磨きで出血がある、歯がグラグラ揺れる、口臭を感じる等の症状があれば要注意です。


歯茎だけの炎症であれば、歯磨きで改善しますが、歯を支える周りの組織(歯根膜や骨)

にまでダメージがある場合は歯周病治療が必要です。

ブログ画像 歯周病.gif


歯茎よりも上についた歯石はとることは、比較的容易ですが、歯茎の中にまで歯石がついてしまっている場合は、それを取らないことには根本的には症状は改善されません。


時にはしっかり取りきるために部分的に麻酔をして行う場合もあります。

 

当院では、来院された患者様すべての方に歯周病の検査を実施しております。


検査結果に基づき、 担当させていただく歯科衛生士が患者様の状態にあったプランを

立て、患者様にご自身のお口の中の状態をしっかりご理解頂いた上で、

クリーニングを行っております。


また、数か月に1度の定期的なクリーニング(歯科検診)を受けることにより、

むし歯の早期発見や歯周病の予防・再発を防ぐというメリットがあります。


なにより、むし歯・歯周病の原因となる磨き残し(歯垢)のチェックを受けることで、

ご自身がしっかり磨ける所、磨きが弱い所などを把握することができるので、

日頃から気を付けて磨く習慣が身に付けられます!

ブログ 画像.gif


患者様の生活背景や食生活なども問診させていただき、一人ひとりに合ったアドバイスをさせていただいておりますので、歯のクリーニングを受けたことがない方やしばらくクリーニングを受けられていない方、是非もみの木歯科へご相談くださいね!


 

 

 

 

[2018年10月31日] 11月イベントは芋掘り‼️

  
こんにけちは。
  すっかり秋になりましたね。昼間はまだ暑く感じる事の方が多く、朝夕は
寒いので服の調節が難しく...毎回悩みます。

  私の秋のイメージと言えば、芋掘りです。と言う事で、先日飯南の方まで、
芋掘りに行ってきました。すごくお天気も良く、飯南の自然いっぱいの風景に
とても癒されました。子供初めての芋掘り体験で、長靴にスコップ、バケツと
完全装備、私も張り切って長靴を履きました(笑)
 「芋とるよー!」
と言うと、子供も初めてなりに掘るという事が分かる様で、自分のスコップで
一生懸命に探して、
「うんとこしょ、どっこいしょ!」
と言いながら引っ張っていました。結構固いので、出てくるまで大変ですが、
大きいのが掘り出せた時の嬉しさは、この歳になっても楽しかったです。
子供も、大きいのが取れるとちゃんと自分のバケツに入れてニコニコととても
満足そうにしていました。
  袋いっぱい取れたので、我が家の夕食は当分お芋が続きそうです...。
 

  さてさて、今月のもみの木のキッズ イベントもお芋掘りです!
たくさんのお芋の中から、「当たり」の付いたお芋を取れば、ガチャガチャの
コインを1枚プレゼントです!
 期間は11月5日〜16日までです。
IMG_3864.JPG
 みんなでもみの木のお芋掘りでコインをゲットしよー!!

 


 

[2018年10月26日] 歯がしみることについて

こんにちは。受付・助手の池野です。

最近は肌寒くなり、日中は暑い日もあったりと、風邪をひきやすかったりするので、体調管理に気をつけたいです。

温かい飲み物が欲しくなる季節になりましたね。

そこで、冷たいものでも歯がしみたり、温かいものでも歯がしみることはありませんか?

当院でも歯がしみるという患者様もたくさんいらっしゃいます。

 

歯がしみる原因は様々ですが、冷たいものでしみる、温かいもので痛んだり、神経が刺激されることで起こります。

今日は大きく分けて、虫歯・歯周病・知覚過敏についてお話したいと思います。

 

《虫歯》

虫歯が軽い場合は、冷たいものがしみるという事はよくあります。

温かいものがしみる場合は、虫歯の穴が大きくなり、神経に近いところまで進行してしみる原因になったり、また神経まで虫歯菌が感染してズキズキと痛む事があります。

 

歯の表面であるエナメル質を削ってしまうと、エナメル質の中にある象牙質(エナメル質の中にあり、神経にとても近い部分。細い管で神経と繋がっています。)が見えてしまいます。

その上から歯を補うための詰め物をするとエナメル質よりも熱を通しやすくなり、個人差はありますが約1~2週間程冷たいものや熱いものがしみやすくなります。


 img0492.jpgのサムネール画像

  

《知覚過敏》

知覚過敏症状は誰にでも起こりうる歯のトラブルです。

虫歯で歯を削ったり、歯ぎしり、食いしばり、細菌によってエナメル質が部分的に欠けてしまい、象牙質が見えて、神経に刺激がいきやすくなることで冷たいものがしみやすくなる現象です。

象牙質には数千本の象牙細管が歯の中心に向かって伸びています。

象牙質がむき出しになると、外部からの刺激(冷たい飲み物など)が象牙細管を通って歯の内側の神経に伝わり、瞬間的に鈍い痛みを感じるようになります。

これが知覚過敏症状の痛みの特徴です。

これを軽減させるためにしみ止めの薬を塗らせてもらうこともありますが、一度で効果が得られるものではなく、何度か塗ることによって徐々に効いていきます。

 

健康な歯肉でも、加齢によってある程度歯肉が退縮することは避けることができません。

歯肉が退縮することで、象牙質が露出し、しみる原因にもなります。

そのために、歯周病予防に努めることと、正しい歯磨き法が予防に繋がってきます。

歯の汚れが付着した状態が長く続けば、歯の表面が酸により溶けて、知覚過敏が起きやすくなります。

あまりに痛みが強い場合や、歯の根に膿がたまっている場合など、神経をとる治療を行う場合があります。

                                     歯困った顔.gifのサムネール画像のサムネール画像《歯周病≫

歯周病は、歯周病菌が歯と歯茎のすき間(歯周ポケット)に感染し炎症を起こす歯茎の病気です。

歯周病により歯ぐきが下がり、象牙質が露出し、上記のような知覚過敏を引き起こすこともあります。

そこから神経に伝わりしみる事があります。

 

 

当医院では衛生士がしっかりと歯磨き指導もさせていただく歯のクリーニングを行っています。

一対一で丁寧に指導を行います。                  

是非、歯の検診に来て下さいね。


ブログ.jpgのサムネール画像

 

 

 

[2018年10月21日] 歯を磨くタイミング、食後すぐ?

おはようございます。歯科医師の伊藤です。

10月下旬となり急激に気温も下がりました。

常に体調管理には気を付けているのですが、先日胃腸風邪(おそらく)になりました。

最初はなんか脚の節々が痛くて、ランニングの筋肉痛が長引いてるのかなと思ってましたが、その夜発熱し、翌日は一日お腹がゆるゆるでした。

今こうして復活し、ブログを書いています(^^;

季節の変わり目、体調にはより一層気を付けていきたいですね。


さて、今回のテーマは、"歯を磨くタイミング"です。


「歯磨きは食後30分経ってから」が正しい。

こんなことを聞いたことがある方も多いかもしれません。

これは過去に週刊誌など色々なメディアでも取り上げられ、様々な場所でディスカッションされた話題の一つです。

それでは、なぜこのような説が生まれたのでしょうか?


虫歯の成り立ちから考えてみましょう。

食事をします
食べ物に含まれる糖質を、口腔内の虫歯原因菌が分解して、酸を作り出します。
その酸によって歯の表層が溶け出していきます。

これが虫歯です。


これを踏まえたうえで、この図をご覧ください。

sutefan.jpg

                ( http://doclabo.jp/contents/681 様より引用)

これはステファンカーブと呼ばれる有名な曲線です。

上記でお話ししたように、食後、お口の中の酸性度は急激に高まり、その後唾液の緩衝作用によって、元の中性に戻るまでには時間を要するのがわかります。


この酸性状態で、研磨剤の含まれた歯磨き粉を付け、歯ブラシで機械的にごしごしとすると、歯によくないではないか、

とのことで「食後30分は歯磨きをするのをひかえましょう」

という話が出てきました。

つまり

そもそも、この議論は虫歯の話ではないのです。

「酸蝕症」の話なのです。

酸蝕症は、酸性食品を好んで食べる方や、酸性の化学薬品を取り扱うお仕事の方にみられることがあるもあるもので、直接酸性物質が歯の表面を溶かしてしまうものです。


話が長くなりましたが、虫歯予防のためには食後すぐの歯磨きを推奨します。

そして、酸性食品を採った際は、お茶やお水でお口の中を中和しましょう。






月別アーカイブ