スタッフブログ

[2020年2月18日] 電動歯ブラシについて

こんにちは。

歯科医師の大森です。

年があけ、はや2月も終わりに近づいています。

3月はいつも花粉で鼻ずまり、くしゃみで鼻のスプレーが手放せないので、

今年も3月が不安ですが、なんとか乗り切っていきたいと思っています。



さて、今回のテーマは、電動歯ブラシと、歯ブラシについてです。

治療の際にも、たまに電動歯ブラシは、歯ブラシよりいいのか?や、

何を使用したらいいのか?等を聞かれます。

まず電動ハブラシについてですが、電動歯ブラシは、

1960年代前半に手用歯ブラシを十分に使用できない

高齢者や、子供、身体に障害のある方の為に開発されました。

電動歯ブラシには、音波式電動歯ブラシと、超音波式電動歯ブラシがあります。

音波式電動歯ブラシ(ソニックケアー、オーラルB)は、毎分30.000回以上の超高速振動

と振幅に組み合わせによって介在する唾液などの水分を激しく振動させます。

毛先数mm先の歯垢も除去できると言われています。

超音波式電動歯ブラシ(ウルティマ)は、1.6MHzの高周波領域の.振動が唾液を介して

歯面の汚れをとります。こちらは、毛先の振幅がとても細かいので毛先を歯面にあてて

手用歯ブラシと同じように動かして歯垢を除去する必要があります。

こういったことから、手用歯ブラシより電動歯ブラシの方が優れており、

現に電動歯ブラシを使用することで歯ブラシが上手になると考えてしまいがちです。

実際の研究では、電動歯ブラシの方がよいとするものや、有意差はないとするものもあるそうです。

しかし、2002年に発表された研究では、電動歯ブラシと、手用歯ブラシでは、大きな差はなく、電動歯ブラシの方が優れているという根拠がないという研究が出されたそうです。こういったことから、電動歯ブラシであれば優れているということはないということがわかります。しかし、矯正治療中の方、インプラント、歯ブラシがうまく治療できない子供や、高齢者には、効果的なものです。

これらから、電動歯ブラシを使用するにしても、手用歯ブラシを使用するにしても、個人個人にあった磨き方、歯ブラシを使用することが大切になります。

また、歯の間は、どちらでもしっかり除去することが難しいので、歯間ブラシ等の

補助的なものも使用することも大事です。

もみの木歯科では、患者さん一人一人にあった歯ブラシや、磨き方をお伝えしています。また、いつでもご相談ください。                        

                                      1967000009.pngのサムネール画像のサムネール画像

                                                                  


      

[2020年2月16日] 外科処置を受けたらどうしたらいいの?

こんにちは!!もみの木歯科の下村です。

2月も半ばになり毎日寒い日が続きますね。今までの例年に比べるとまだ暖かいように感じますが、

朝出勤時に車に乗っていると、凍結表示マークが出ていると、やっばり寒いんだなーと思う毎日です。

さて、世間ではインフルエンザや感染症などが話題となっていますが、もみの木歯科でもできる限りの対策をしていきたいと思います。

スタッフもちろんの事、患者様にも受付横に手指消毒用スプレーを設置させていただいておりますので、当医院にかかされた際は、診察券を出す前に気軽にお使いください。

また患者様全員に消毒液でのうがいも行っております。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

さてさて今日は外科的な処置を受けた後の注意点についてお伝えしていこうと思います!!

今回は歯を抜く以外に、歯や歯茎の移植、インプラントなど受けられた方などにお伝えしている注意点について少しお話ししていきますね!!

 

外科的な処置をさせて頂いた方には本日は1日安静にして頂き、煙草やアルコール類、過度な運動、長湯など出血の原因になる事は控えてもらっています。

傷口を直接手で触ったりせず、

処置した所の歯磨きはしばらく控えてください(清潔を保つため、うがいを勧めています)

お食事は外科処置をした所は噛みにくいのでさけてもらいます。

□浸麻について

通常よりも多く麻酔を打っていますので3~4時間くらい効いています。

感覚が鈍くなるのですぐの飲食は避け(1時間くらい)、麻酔が効いた状態でのお食事の場合は、唇をかんだり、火傷に気を付けてください。

□傷口について

傷口は糸で縫ってあります。

糸によって口を大きく開けたりすると違和感やツッパリ感などがあります。

基本的には1週間後に糸取りを行っていきますが、万が一切れてしまっても大きな問題はありませんが、骨移植の場合はご連絡を頂いております。

□歯周包帯について

傷口を保護するため、白い包帯のようなものがしてあります。

苦い味がしますが、しばらくすればなくなりますのでご安心ください。

万が一、取れてしまっても問題ありませんが、中(傷口)は糸で縫ってありますので、気になるようならご連絡ください。

基本的には1週間後外していきます。

□固定について

 歯の移植をした場合は、歯を動かないようにワイヤー固定がしてあります。

 万が一はずれてしまったり、ぐらつく際はすぐご連絡ください。

 状態が安定するまでは、しばらく固定のままになります。

51001001.gifのサムネール画像 

今回は簡単ご紹介させて頂きましたが、実際に受けてみるとこれはやっていいの?など

疑問があると思います。

何かご不明な事がありましたら、いつでも気軽にご相談・お電話いただけると幸いです!

[2020年2月 7日] 寒いー😵

  こんにちは。
  2月に入り急に寒くなり、ようやく冬らしさを感じる様に
 なりましたね。インフル、新型肺炎に負けない様、しっかり
 食べて、眠る、そして手洗い、うがいも徹底したいと思います。

  先日は節分の日でしたが、我が家は毎年、手巻き寿司をします。
 太巻きを丸々1本丸かじり...とか言いますが、太巻きとなると
 中の具の好みがみんな違うので、意見が一致する事がありません。
 その点、手巻きだと好きな具を好きなだけ入れられて、自分の
 好みの物が出来ると、毎年お決まりとなっています。ただ、
 いつもの手巻きと違う所は、のりを1枚切らずに使う事です。
 上手く入らずはみ出したり、破れたりと見た目は良くないですが、
 いつもより豪華な感じが私は好きです。みなさんはどう過ごされ
 ましたか?

  さて、2月のキッズイベントはHAPPYバレンタイン。
 虫歯にならない、キシリトール入りのチョコレート、通常1袋
 840円が500円でご購入いただけます。期間は2月1から14日まで
 です。
  この機会にぜひお試しください!

[2020年1月30日] もみの木歯科ブログでデンタルローンについて勉強!

こんばんは!!

もみの木歯科、受付の出口です。

新型コロナウイルスに罹患されたかもしれない中国の方が三重県松阪市内の病院で入院中ということで、

他人事でないニュースを見て驚きおののいています。


手洗いうがいマスクで予防し、できるだけ人込みなど、

いろんな菌をもらいそうな所にはむやみやたらに行かないようにしたいなと思います。

また、SNSやデマ情報などをうのみにせず、焦らず正しい知識でとTVが言うように

怖がりすぎないようにしていきたいですね。

咳.jpg

日頃から、風邪予防などでも言われていることですが、

顔とくに鼻とか目とか口とか触る癖がある人は、

菌やウイルスがついた手で触って移りやすいそうですので、

女性はメイクもとれますし、個人的に私は顔を触らないを意識してみます。

あと、家族間の感染を防ぐために、この時期はタオルを使い捨てペーパータオルにしたり、

個人用タオルにしたりするのもいいそうですね。

スマホ.jpg

あと、携帯とか電気のスイッチとかドアノブとか、車のハンドルとか

菌やウイルスがついてそうなところは除菌したり、抗菌スプレーをしたり、

お金とかおつりの受け取り口とか手すりとか、

不特定多数が触るものを触ったらすぐ手を洗ったりとか意識してみると

日頃から予防ができることは沢山あると思います。

洗面台.jpg

ウイルスに関しては未知な部分が多いので、除菌アルコールで死なないかもですが、

空気感染、飛沫感染も各個人が意識してエチケットを守っていれば、

感染確率を低くすることはできると思うので、地道にできることを続けたいなと思います。

しかし、歯医者でも必須のマスクが品薄状態で在庫の確認などしました。

全国的に品薄状態とのことで、ネットで高値で販売されているものもあるそうです。

本当に必要なところに必要な供給がされるよう無駄に買い占めることも避けたいですね。

これからどうなっていくのか心配ですが、みんなで予防を頑張りましょう!

前置きが長くなってしまいましたが、

貯金箱.jpg

今日は、デンタルローンについてのお話しです☆

みなさんはデンタルローンって聞いたことがありますか?

歯の治療で保険が適用されない自費診療(自由診療)の

高額治療費をローンを組んで、ご自身にあった金額で分割支払いする方法のことです。

例えばインプラントとかセラミックなどのかぶせ物などは1本だけでも高額ですが

本数が多い方はとくに高額になりやすいです。

そういった高額な治療費の支払い方法は、

通常は現金一括やクレジットカードでの一括~分割

または一部現金で残りはクレジットカードでなどの方法がありますが、

子供家計簿.jpg

納得のいく治療を受けるために、年数や金利手数料ががかかっても、

経済的負担額を減らして希望の金額ずつで支払いたい

というご希望に合わせて、当院でも少数ですがデンタルローンでの

お支払いもできるようにご案内はさせていただいします。

ローンを契約する会社によっては金利が少しだけ違ったり、

特典でポイントの還元があるところなどもあるようです。

そして、使える金額が3万円からとか10万円からとか、

ご利用回数が6~60回とか3~84回とか回数が違ったり、

年齢18歳以上で安定した収入がある方、20歳以上〃など、

若干の条件が違うので、よく調べてみるのもおすすめです。

ただ、歯科医院がその会社と契約しないと手続きに進めないので、

注意が必要かも。

手続き自体は、スマートフォンで簡単に審査を受けられるようになっているようですので、

ご興味がおありの方は、受付スタッフまでお申し付けください。

ちなみに、デンタルローンで支払った場合でも

医療費控除の対象になるそうですので、ご参考までに。

医療費控除については、国税庁のホームページをご覧になるか、

最寄りの税務署にお問合せいただくとよいかと思います。







[2020年1月25日] 歯の治療を中断すると

こんにちは。もみの木歯科 受付 太田です。

今日は天気がいいですね😊

こんな日はお出かけしたくなります♪


ところで、歯科治療中に痛みが無くなったからと自己判断で通院しなくなったり、なかなか時間を作れなかったり、お仕事が忙しいなどで治療中断をしてしまっている方はいらっしゃいませんか?

今日は治療中断をしてしまうとどんなことが起こりえるのかをお伝えしたいと思います。

①歯の神経を取ったまま放置

根の治療は治療期間が長いため中断しやすく、その後の悪化も早い。

歯の神経を取る治療を行った後や、歯の神経が死んでしまい歯の根の治療を行っている場合等、歯の内部の治療を行っている時は、中断すると後のダメージが特に大きくなります。
歯の内部の治療を行う時の仮のふたは、材質的に長期間もちません。また、歯の内部は抵抗力が弱いため、歯が割れやすく、細菌の侵入が容易に起こるため、むし歯になりやすく、一ヶ月程の中断でも影響があると考えられます。そのため、長期間放置すると歯の内側から悪くなり、治療が長引いたり、最悪の場合、抜歯になることもあります。

 

②被せ物や詰め物等の型を取ったままの放置や仮歯仮のふたのままの放置

できれば期間を空けずに最終的な被せ物や詰め物を取り付けると適合性の良いものが入ります

型取りをして、1ヶ月以上放置してしまうと、歯はそのスペースを埋めるために移動することがあり、被せ物や詰め物の適合性が悪くなるだけではなく、仮のふたが取れて虫歯が進行して、ご自身の歯をさらに多く削ることにもなりかねません。

改めて治療する際、スペースの不足などにより再び歯を削ることになり、歯の神経をギリギリで保存していた場合、神経を残せなくなることがあります。

 

また、仮歯はあくまで仮歯。一時的に見た目が元のように戻りますが、プラスチック状の樹脂のため、材質的に長期間の使用に耐えることが出来ません。

治療中断によって状態が悪化し歯を残せない!!なんてことにならないよう、自己判断せずにしっかりと治療を続けましょう。

 

 ③歯周病の放置

みなさんも知っての通り、虫歯になると痛みがありますが、歯周病には痛みや自覚症状が出にくく、年齢とともにも進行します。

虫歯と違い歯周病は"削って詰め手終わり"の治療ではないので、状態を改善させる為に時間がかかります。頑張って虫歯を治しても歯を支える骨が歯周病により溶けてしまっては意味がありません。

プロによる歯周病治療と口腔ケアをしっかり継続していくことが大切になってきます。

 

当院では、患者様一人ひとりに合わせた治療内容をご説明させて頂き、担当制で治療や歯のクリーニングをさせていただいています。

治療中断で放置してしまっている方、お口の中に違和感がありそろそろ歯医者に行こうかな、と思っている方、一日も早いご来院をお待ちしております。


[2020年1月16日] 当院の歯のクリーニングの頻度について

 こんばんは(*'ω'*)
もみの木歯科 衛生士の小林です。
1月も早いものでもう3週目に入りましたね!!外に出るのも寒い日が続いてますね。
 さて、今回は当院の歯のクリーニングの頻度についてお話させて頂きます(*´ω`*)
『歯のクリーニングはどれくらいの間隔で来たらいいの??』と思ってみえる方も多いのではないでしょうか!?

結論からお話しするとお口の中の状態によって歯のクリーニングの頻度は異なってきます。
 まず初診から定期検診になるまでの流れについてご説明します。初診で来ていただいた時はカウンセリングとお口の中の検査をさせて頂いてます。これは皆様の治療やクリーニングのプランを考えさせてもらう上で重要になってきます。そして、2回目で来院された時に検査結果をふまえて今後のプランについてご説明させてもらい、治療やクリーニングに入っていきます。
歯のクリーニング初日となる日には担当衛生士から歯周病についてのお話し、歯磨き指導、特に歯石が付きやすい下の前歯のクリーニング、検査結果と今のお口の中の状態を拝見させてもらってクリーニングに必要な回数や気を付けて頂きたいことなどをご説明させてもらってます。
次回残り全体のクリーニングをして定期検診になる方もいれば、歯石の付き具合によっては次のクリーニングから何回かに分けさせて頂く方もみえます🙃
後者の場合、順番にクリーニングさせてもらって一通り終了したら初診時にきてもらった時からどれくらいお口の中の状態が良くなったかを確認するために検査をもう一度させてもらっています。
その検査結果を見て次回からのクリーニングの間隔が変わってきます。この日に炎症や磨き残しが残りやすいところなどお家でのケアに気を付けて頂きたいことを再度ご説明させてもらってます。
当院では歯のクリーニングの頻度が一か月から半年までございます。


 1か月→全体的にお口の中の状態があまりよくない方、歯茎がとても腫れていたり出血が多い方
 2か月→全体的にお口の中の状態があまりよくない方、歯茎に腫れがみられ出血が多い方
 3か月→お口の中の状態は普通、歯茎も安定しているが部分的に腫れや出血がある方
 4か月→お口の中、歯茎の状態ともに安定している方、忙しくて中々来れない方
 6か月→妊婦の方、出産後の目安や出張で一時的に不在になる方など

 上記はあくまでも目安になります。当院の歯のクリーニングについて少しでも分かって頂けたら嬉しいです💛💛
クリーニングに通っていただくことは重要ですがそれ以上に皆様ご自身での管理が一番大切です。
歯磨きやお口の中に関することで分からないことがあればいつでもお尋ね下さい(*^-^*)💗
 
 
 

[2020年1月 8日] 宜しくお願い致します。

 明けましておめでとうございます。

 皆さんはお正月どの様に過ごされましたか?

 私は、特にどこかへ出掛ける事もなく、実家でゆっくり
過ごしました。動きもしないのに、おせちやおもち、
すき焼きなどなど...とにかく食べてはゴロゴロしていたので
体が重たくて仕方がありません。
 ゴロゴロばかりはダメですが、美味しい物が食べれて、
家族みんなが健康に過ごせた事に感謝しつつ、今年も
良い年になる様に、仕事に家庭に育児と頑張っていこうと
思います!

 医院では、1月6日より診療が始まりました。
本年も変わらず、もみの木歯科を宜しくお願い致します。
キッズイベントはおみくじをしています。キッズノートをお待ちの
お子様に限りますが、引いたおみくじによってお楽しみが沢山!
この機会にせび、おみくじを引いて下さい!
期間は1月6日〜1月11日までです。

 2月のイベントはhappyバレンタインです!
虫歯にならないキシリトール入りチョコを、通常840円を
500円で販売します!2月1日〜2月14日の期間となります。
お楽しみに❣️

[2019年12月26日] かぶせ物の種類について

こんにちは!歯科衛生士の濱口です!

 

クリスマスが終わり、大晦日にお正月とイベント尽くしになってきましたね...!

皆様は年末年始どのに過ごされるのでしょうか?

またぜひ楽しいお話お聞かせください

1667090301.gif

 

それでは本題に参ります!

 

今回はかぶせ物の種類についてお話させていただきます!

 

「知らない間に銀のかぶせ物(つめ物)を入れられてしまっていた・・・」

「見えるところは白くしたかったのに・・・」

といった経験はありませんか??

 

当医院ではかぶせ物やつめ物の型取りを行う前に、患者様にかぶせ物(つめ物)の種類をお話し、選んでいただくお時間を設けさせていただいております。

 

かぶせ物や型取りの必要な部分的な詰め物の種類には大きく分けて

・保険内のもの

・保険外(自費)のもの

の2つに分けられます。

 

その中でも保険内のものはかぶせ物、つめ物ともに主に銀の金属のものになります。

かぶせ物に関しては保険内の白いものもございますが、強度が低いため壊れやすい可能性があります...

 

保険外(自費)のものですと

・白いもの

・ゴールド

の2種類ございます。

 

白いものの中にはオールセラミックと呼ばれる金属を使用していない全て陶材で作られたものや、陶材に金属の裏打ちがしてあるもの(メタルボンド)、陶材とプラスチックが混じった素材に裏打ちがしてあるもの(ハイブリットセラミック)と3種類ございます!

 

白いもの+陶材のつるんとした透明感があるためどれも見た目が良く天然の歯に馴染みやすいものになります

 

白いものといえば着色などが気になると思いますが、

オールセラミック>メタルボンド>ハイブリットセラミック

の順に着色がしづらくなっております。

91501003.gif

 

 

ゴールドは見た目は目立ちやすいものの、金属自体の固さは天然の歯に一番近いものになるので他の歯への負担が少なくなっています!

 

この様にかぶせ物一つにしても種類がたくさんあるので興味のある方はぜひスタッフにお声掛けください♪

 

綺麗な歯で新年を過ごしましょう




[2019年12月20日]

みなさんこんにちは衛生士の山本です(*^^*)

12月も残り半分になりましたね!寒さもドンドンましてきていますね...

こたつに一回入ると中々出ることができないですよね...

でもきちんと歯磨きしてからお布団で寝ましょうね!!

みなさんは大掃除の準備に取り掛かっていますか?

私たちの医院では、できることから少しずつですが初めています!

一気に始めると大変なので、何事にもコツコツととりかかる方がいいですよね...

 

もみの木歯科では年内は、12月28日の土曜日までの診療

        年明けは、1月6日の月曜日からの診療となっております。

遅い時間帯や土曜日は、ほとんど予約が埋まってきている状態なので、

お口の中が心配な方は、お休みの日などを活用してもらってなるべく早く診てもらうようにしましょう!!

歯の治療は意外と一回では、終わらないことが多いです...

早め早めの行動を心がけてもらうといいかなと思います(*^^*)

心配な方はご予約をよかったらとってくださいね!

まだまだお待ちしています♪♪

  

さて、今日はフッ素についてお話ししたいと思います♪

 

まず、フッ素とは自然界に広く分布している自然元素1つで、地中はもとより海、山、川、そしてすべての動植物などに存在しています。

毎日の食事を通じて私たちのカラダに摂取されているものでもあり、歯質を強化する効力が最も高いことから、世界各国でむし歯予防に利用されています♪

身近なフッ素.jpg 


フッ素の働きとしては、フッ素には3つの働きがあります。

この働きによりむし歯予防に5080%の効果を発揮します。

 

フッ素 働き.jpg

①歯を強くする

②再石灰化を促進

③虫歯菌を抑制

この3つがあります!!

 

一番効果があるのは、フッ素入りの歯磨き粉(低濃度)毎日使ってもらって、

4ヶ月に1回の検診で(高濃度)フッ素塗布をお勧めしています♪

 

お口の中をきれいに保つことで、全身の健康にもつながります!!

 

1年で4ヶ月に1回行くと年に3回の検診を受けることになります!

このたった3回行くだけでも、早期発見(小さい虫歯)で、済むことがあります。

ほったらかしにすればするほど大きな虫歯になっていくので、治療も回数がかかってしまいます...

虫歯になりやすい方、そうでない方、色んな方がみえるので検診に来ていれば、必ず虫歯にならないというわけではないですが、少しでも早く見つけることが大切だと思うので、病院が苦手な方もいると思いますがよかったら足を運んできてください(*^^*)

 

2019年も残り少ないですが、よろしくお願いします♪

そして、2020年からも健康のために一緒に頑張りましょう♫

[2019年12月14日] クリスマス会も無事終了

こんにちは!もみの木歯科 歯科衛生士の樋口です。


もう12月も半ばにさしかかってきましたね。


12月といえば、もみの木恒例「クリスマス会」も先日無事に終えることができました。


今年もたくさんのお子様に参加していただき、賑やかな楽しい会となりました。


昨年に続き大人気の「じゃんけん列車」や今年はゲストとして皇學館大学のレクリエーション部の方をお招きして、楽しいレクリエーションを催していただきました!


みんなで同じ動きを真似したり、歌を歌ったりととても盛り上がっていました^^


最後にビンゴ大会をして、プレゼントをもらってたくさんの子供達の笑顔が見れてよかったなと思いました。


もうすぐ本当のクリスマスもやってくるので、子供達はワクワクする行事がいっぱいですね!


毎年「〇〇もらったー!」と歯医者に来たときにたくさんのお子さんが教えてくれるので、今年もお話が聞けるのを楽しみにしたいと思います。


ところでみなさんは1日のうちでいつ、何回歯磨きをしていますか?


毎食後磨く方もいれば、お仕事の都合などでライフスタイルにあったタイミングで磨かれる方も多いと思います。


もちろん何か食べた後はお口のなかで歯垢が作られるので、その都度歯磨きをして歯垢を落とすことが大切ですが、なかなか難しいこともあると思います。


普段私たちは起きている間は気づかないですが常にお口のなかは常に唾液が出ていて潤っています。


そのため唾液の作用によって常に洗い流されている状態(自浄作用)になります。また唾液には再石灰化作用もあるため唾液は重要な働きをしています。


しかし寝ている間は副交感神経が優位に働いているため、唾液の分泌がすごく減ってしまいます。


食事をするとお口のなかは酸性になりますが、唾液の作用で中性に戻りますが、食後歯磨きをせずに寝てしまうと、唾液が分泌されず中性に戻るのにすごく時間がかかるのと、汚れが残ったままだとさらにお口の中虫歯菌や歯周病菌などが増えてしまいます。


よく朝起きると口が乾いている、粘つくというのはこれが原因ですね。


ですので特に寝る前のブラッシングはとても重要になってきます。


歯ブラシだけではなく、糸ようじや歯間ブラシ、デンタルリンスなどの補助用具も一緒に使うことはむし歯や歯周病予防にはもってこいのアイテムなのでぜひ取り入れてもらうと良いと思います。


今は市販でもフッ素濃度の高い歯磨き粉や、フッ素コートなども販売していると思うので、また歯磨きコーナーも見てみてください!

 

月別アーカイブ