スタッフブログ

[2019年3月14日] 定期検診について🌸

みなさんこんばんは!衛生士の山本です😊

だんだんあったかくなり、ハル🌸が来ましたね~🌸🌸

私の弟が、今年で高校を卒業したので、四月から大阪に行く事になったので、とても緊張しています😨

みなさんの中にも新生活が始まる方もいらっしゃるのでは、ないですか☺️

不安や、緊張もたくさんあると思いますが、何事も経験だと思うので、前向きに頑張っていきましょう💪🏽💪🏽💪🏽


学生の方、卒業した方々は、皆さんお休みを満喫していますか??

長期休暇を利用して、今出来ることをやっておくと新しい生活が始まってから焦る事は、ないんじゃないかなと思うので、今のうちにしばらく歯医者さんに🦷行ってない方、行きましょう!笑


普段自分でしっかり磨けていると思っていても、やはり自分だけでは、しっかりお口の中は、見えていません...

なので、衛生士に普段磨けていない所を教えてもらったり、お掃除してもらうとお口の中もスッキリしますので、時間があるときに歯医者さんに行ってみて下さい☺️👍

IMG_3140.PNG



今までは、親に連れってもらっていたという方も、社会人になってからは、自分で定期的に歯医者に通うようにするといいですね!

お口の中は、見えない所がたくさんあるので、見えない所で虫歯になっている可能性もあります...

定期的に歯医者に通えば大きな虫歯にならず、小さい虫歯で、済むかもしれません。

大きい虫歯になると治療回数も増えますので、なるべく数ヶ月に一回は、通えるようにしましょう😊


[2019年3月 7日] もみの木歯科14年目を迎えます✨

こんにちは!
保育士の大西です。

日中はだいぶ暖かくなりましたね✨
朝はまだまだ寒くて、着るものに困ってしまいます💦
3月といえば、卒業、卒園シーズンですが、もみの木の託児に来てくれている
子ども達も、何人か「卒園式が終わったら一年生やでー」、「ランドセル、茶色にした!」
「学校まで歩いて行くで」など、春からの生活を、楽しみにしている姿を見ていると私も
とても新鮮な気持ちになります😍✨

託児に来て、ママがいなくて泣いていた子が、4月から一年生ともなると、時の経つのが
早いなぁーと毎年感じています😅
又、4月から初めて保育園や幼稚園へ通う子たちは、今までべったりで離れた事ないので
どうなるかと、、、心配されているお母さんもいらっしゃって、子どもよりお母さんの方が
ドキドキだと思いますが、親子で頑張って下さいね!

夏休みにはまた、会えるかなぁーと楽しみにしています。


さて、今月のイベントはもみの木誕生祭で、もみぞーのガールフレンドのもみえちゃんを
だれが可愛く描けるか💕です😁

早いもので、もみの木歯科も14年目を迎えました🎊✨
スタッフの選考で、もみぞーが1番気に入ったもみえちゃんを描いてくれたお友達には
素敵なプレゼントをご用意しています🌟🌟

期間は3月31日迄ですので、ぜひお声掛け下さいね✨

[2019年3月 2日] 気になるフッ素ジェル

みなさんこんにちは!もみの木歯科の下村です!!

今日から3月になりましたね^^

だんだんと暖かくなり、過ごしやすい日になってきました^^

3月は卒業シーズンですね!!

4月から新しい新生活を送られる方もいるのではないでしょうか!

生活習慣が変わり・・・虫歯になったとかけつけられる患者様がみえます。

仕事で帰りが遅くなり歯磨きを忘れてしまう・・

部活でスポーツドリンクを良く飲むようになった・・・

勉強で夜中に夜食や甘いものを食べるようになったなど・・

そんな虫歯のハイリスクケアに、いつもの歯みがきに加えて使用するフッ化物配合ジェルがあるのをご存知ですか?

今日はフッ素ジェルについてご紹介します!!

 

年齢に応じたフッ素の量を処方する事ができ、種類や香味も豊富です。

ライフステージに合わせた人気の香味があります!!

バナナ味はフッ素の量が500ppm、ピーチ・グレープ・レモンティーは950ppm

ミントは1450ppm入っています

45.jpg 

研磨剤が入っていないのでぶくぶくうがいがまだできない場合や、フッ素の量が低濃度なバナナは歯が生えてきた1歳~使用する事ができます。

フッ素の濃度が高いミントは成人に方を中心に使用を御勧めしています。

ピーチ・グレープなどは永久歯は生えてくる6歳以上のお子さんにもお勧めです。

 

また研磨剤無配合なので、歯を傷つける心配はありません。

低発砲なので、泡立ちがなく、長時間隅々まで磨く事ができます。

 

通常の歯磨き粉が苦手なお子さんには、虫歯予防を目的とした歯磨き粉の変わりとしての使用もおすすめです。

 

歯の萌出期やはえ変わりの時期、矯正治療中、歯根面露出などハイリスクの方の重点ケアにもおすすめです!!


おススメの使用方法としては、いつもの歯みがきに加えてのご使用です!!

効果的な使用方法としては、

通常のブラッシング後に、

適量チェックアップジェルをとります。

目安としては、6カ月~2歳がハブラ歯3mm程度。

3~5歳は5mm以下。6~14歳は1cm程度、15歳以上は2cm程度を目安に使用するとよいでしょう!!

適量のジェルをのせた歯ブラシでジェルがいきわたるように丁寧にブラッシング。

フッ素の効果を維持させる為に万が一ゆすぎたい場合は、少量の水(15ml)で1回かるくすすいで下さい!!30分程度飲食をさけるとより効果的でしょう!!

 

もみの木歯科でもチェックアップジェルの取り扱いを行っております!!

どうやって使ったらいいの?普通の歯磨き粉と何が違うの?など疑問がありましたら、どんな些細な事でもお気軽にお声をかけてくださいね!!

皆さんも一度普段の歯磨きにプラスして虫歯予防してみませんか?

 


[2019年2月24日] どうして根っこの治療は回数がかかるの?

こんにちは。もみの木歯科 歯科医師の伊藤です。

2月も残り1週間となりました。徐々にではありますが、所によっては梅や桜も咲き始め、春も近づいているように感じます。

とはいえまだまだ肌寒い日が続きますので、体調管理にはお気を付けください。

さて、今回のテーマは、"どうしてこんなに回数がかかるんだろう、根っこの治療"です。

根っこの治療は、重い炎症が起きてしまった歯を何とか使い続けるための治療です。

治療後の痛みや違和感は6-7割の方が経験すると、疫学調査で分かっています。

また、術者にとっても針のような細い器具を使い、根気よく掃除をしていく厳しい治療のひとつです。

さまざまな困難をともなう根っこの治療ですが、治療が成功した時のメリットは大変大きいものになります。


今回は治療方法の詳細に関しては割愛させていただきます。」


根っこの治療も大きく2つに分かれます。

1.神経を取る治療

細菌に感染した神経や膿をしっかり除去する

神経の通っていた管の中をよく消毒する

その管の中に新たな細菌が入らないようにがっちり封鎖する

神経に細菌と戦う免疫が働くため、細菌の活動が制御され、掃除も殺菌もしやすく、治療が成功しやすくなります。


2.神経を取ってある歯の再治療

基本は同じですが、

困難さは大違いで、治療のハードルは格段に上がります

・細菌が歯の中で蔓延している

・神経を取った治療ですでに歯が弱っている

・硬い被せ物を取ってからの治療になる


その他も様々なハードルが待ち受けています。

そのため、術者も、患者様も非常に根気のいる治療になります。

回数がかかって、あるいはなかなか症状が落ち着かずご不便おかけすることもございますが、

続けて、根気よく治療することが最善の近道となりますので、今後ともご協力よろしくお願いいたします。



[2019年2月15日] 舌の歯ブラシ👅って必要?🌸

こんにちはもみの木歯科受付の出口です(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

昨日はバレンタインデーでしたね❗️❗️❗️❗️💖💖💖💖💖💖💖💖

皆さんはチョコやお菓子をあげたり、貰ったりしましたか?🎁💖

私は、お姉ちゃんとチョコマドレーヌを焼いてみました🍫

6883814C-973C-4069-8D11-0606658F2685.jpeg

ご覧の通り、マドレーヌ型をなかったのでフィナンシェ型で

焼いています。イメージの物とは少し違いましたかね笑😅

しかも型の8分目以上入れてしまったので膨らんで少し不格好になってます笑

焦がしバターを作るところが加減がわかりにくくて難しかったです。

フィナンシェとマドレーヌはどう違うのかって気になったので、

調べてみるとフィナンシェはアーモンドプードルが入っていて

その分、食感が少しサクサクしてるらしいですね。

パン教室で習ったんですが、どう違うんだっけといつも忘れてしまいます。

味は美味しくできたのでよかったです。

そして、甘いもの食べた後は必ず歯磨きを❗️

今日のブログタイトルに無理やり繋ごうとしてみました。

今日は歯みがきではなくて、舌ブラシについてお話しをしてみたいと思ってます。

皆さん、舌ブラシって使ったことありますか?

c0dc83ffd8b5826d736d6cb29faa4a30_s.jpgのサムネール画像


「舌も磨くべき?」「舌ブラシ使ったほうがいい?」

というご質問がありますが、これは専門家や先生によって意見がわかれることもあります。

舌にある苔みたいな汚れは、口臭の原因になることがあるので

気にして落としすぎると、舌を傷つけてしまい、

味覚障害や、唾液の減少、かえっての口臭

につながってしまうことがあるため、

磨かない方がいい!という方や

口臭の原因になるので、磨いてもいいが磨きすぎには注意!という方など

それぞれの意見があります。

そもそも舌の苔ってなんなのかなと思うのですが、

専門的な呼び方は、「舌苔=ぜったい」というらしいのです。

舌は通常ザラザラとした細かい突起のようなもので覆われています。

7e804f32ec22b643864dd62bbed18b2a_s.jpg


「味蕾=みらい」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

舌には繊細な味の違いを感じるための、味蕾というセンサーがびっしりあります。

この味蕾をもし広げられるとしたら、かなりの面積になるそうです。

舌の上に畳10枚分と聞いたことあるのは本当でしょうか??

それだけ細かな突起に覆われている舌なので、

食べカスとかお口の中に発生する生理的なカスとかが、

細かい突起に引っかかるのはうなずけますね。

とくに、色が目立つものを食べたり飲んだりすると解りやすいと思います。

私は、よく牛乳を飲むと舌が白くなるのが気になるので、優しく奥から手前に

1方向にむかって、自分の持っている歯ブラシをサッと1~2回

滑らす(なでる)程度で磨きます。(この時ゴシゴシとは磨きません)

舌ブラシがなくても実は磨けます。

舌を傷つけない柔らかい物であれば大丈夫だと思います。

磨くなら、1方向に奥から手前、奥から手前に、やさしくやさしく1~2回です。

本来なら、唾液で自然と舌の汚れは流れ落ちていくのが理想的。

それでも、唾液の量が減ってしまう深夜寝ている間とか、体調が悪い時とか、

緊張やストレスでも唾液は減ってしまうので、臭いや汚れが気になった時は、

上記のことを意識して磨いてみてくださいね。

舌が炎症を起こしたり、ひび割れたり、色がいつもと違ったり、

異変を感じた場合は、舌は体調を表すバロメーターになると言われています。

すぐに専門機関に相談されることもおすすめします。

毎日の過度な舌磨きはよくありませんが、

歯みがき時に、毎日舌の変化をチェックをするのはとても良いことだと思います。

ぜひ、みなさん参考にしてみてください(*^∪^*)














[2019年2月 7日] 節分‼️バレンタインタイン‼️

  
      こんにちは😃
      
      2019年が始まって、気が付けばもう2月ですね。
      何年月日が早く感じてしまう歳になってきました。
      暖かい日が多く、あまり冬といったかんしご少ない様に思います。
   だけど、夜はやっぱり寒いので、朝布団からなかなか出られない毎日を、
   過ごしています。

      2月と言えば、節分にバレンタインですね。
   皆さん節分の豆まきはされましたか?私の家は子供かまだ小さいので、
   豆まきはしなかったのですが、なぜ豆まきをするのか知ってますか?
   「みんなが、健康で幸せにすごせますように‼️」と言う願いを込めて、
   悪いものを追い出す日だそうです。鬼をやっつけるイメージがあると
   思いますが、昔は悪いものを「鬼👹」と呼んでいたそうで、もともと
   鬼の姿は決まっていなかったみたいです。

    いきなりですが、節分クイズ‼️
   鬼が嫌いな魚は何でしょう?

      あじ、いわし、まぐろ 

     正解は、いわしでした!鬼はいわしを焼いた時の匂いが嫌いみたいです。
    いわしに、太巻き、私は大好きです!

     そして来週は、バレンタインですね。
    バレンタインもなぜするのか由来があるそうですが...
   簡単に言うとお菓子メーカーの戦略から、チョコレートを贈るとなったみたいです。
   それが今でも続いてるのですから、すごいですよね!私は贈る渡すよりも、自分が食べ
  たいです......。

    もみの木歯科でも、今月はHAPPYバレンタイン!のイベントが始まっています。
    お子様にもあんしして食べていたらだけるキシリトール入りのチョコレートを販売
   しています。この機会に良かったら、食べてみて下さい!


  
 
    



[2019年2月 1日] 歯ブラシの選び方

こんにちは。歯科衛生士の濱口です。

 

早いもので今年も始まってひと月が過ぎましたね!最近は急な冷え込みや乾燥により、風邪やインフルエンザがとても流行っています。

皆様体調はいかがでしょうか?手洗いうがいはきちんと行っていきたいものです。

 

 

さてそれでは今回のテーマ、歯ブラシの選び方についてお話させていただきます!  

1.png

もみの木歯科では歯のお掃除を行っていく際、はじめに生活習慣のアンケートを行っております。

 

その項目の中に「ハブラシの硬さは柔らかめ・普通・硬めのどれをお使いですか?」という質問があります。

その際によくご質問をいただくのが「どの硬さが一番良いの?」「どのような歯ブラシを選ぶと磨きやすいの?」といった内容です。

 

まず、毛の硬さについてです。ハブラシの毛の硬さに関して、一概に「この硬さが一番良い!」というものはなく、個人個人に合ったものを選んでいきます。

その際基準に考えていくのが歯茎の状態です。

 

歯茎が腫れており歯と歯茎の境目を磨くのが痛い!といったような方には柔らかめがオススメになります。

 

歯茎が健康な方は普通の硬さをお使いいただくと良いと思います。

 

歯茎に優しいのは柔らかめのハブラシですが、磨き残しに着目していくと柔らかめのものは毛がしなるので磨き残しは残りやすくなります。

逆に硬めのものは毛がしっかりしているので磨き残しはよく取れます。

ただ、磨き残しを減らしたいからと歯茎が腫れているのに硬めのものを使用してしまうと歯茎を傷つけてしまう恐れがあるので注意してください。

 

 

次にハブラシのヘッドと呼ばれる毛がついている部分の大きさについてです。

ヘッドの部分はとても小さいものから、最近ではすごく幅が広いものまで出てきていますね!

 

それぞれの特徴は、まずヘッドが小さいものは親知らずや奥歯の頬っぺた側など細かいところにもしっかり届くものになります。

そしてヘッドの大きいものは、一気に磨くことができるので手が不自由な方や年配の方に良いと思います。

 

 

そして最後にハブラシの交換時期についてです。こちらもなかなか変えるタイミングがわからず前回交換したのはいつだったかな...と考える方も多いと思います。

 

交換時期として1番ベストなのは1ヶ月ごとの交換です!

1月は忘れてしまいがちだ...という方はハブラシを後ろから見て毛が出ていれば交換時になるのでぜひ今お使いのハブラシもチェックしてみてください!!


2.png


[2019年1月26日] 歯磨きすると出血 歯肉炎・歯周病心配


 

 

こんにちは、もみの木歯科 歯科衛生士 瀬戸です。

1月も半分が過ぎ、時間があっというまに過ぎますね!

1月年明けは患者様から今年もよろしくお願いします。との声を掛けて頂いたり、

新たに頑張ろうと気持ちになりました。いつもお越し頂きありがとうございます!

寒い日が続きますが、皆様体調など大丈夫でしょうか?

暖かい日になることを望んでいますが、花粉症が嫌ですね笑

インフルエンザも流行っていますので、患者様やスタッフさんもインフルエンザになっております。手洗いうがいとアルコール消毒も予防に効果と聞きましたので、管理していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて今日の題名にも書いてあります、

歯磨きすると出血する、歯肉炎・歯周病心配についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 

歯の病気には虫歯と歯周病があります。

歯周病とはテレビのCMでも流れているのを見ることが多いと思いますが、実際自分が歯周病なのか?といいますと気づけないこともあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯磨きで出血するときはどう言うときでしょうか?

 

歯のまわりに細菌(プラーク)が溜まっていきますと歯茎が腫れる状態を歯肉炎と言います。

歯肉炎の所を歯磨きすると出血がします。

歯茎から血が出ると怖いのと、歯茎を避けて磨いてしまう方も見えます

歯茎から血が出ることは歯茎が腫れているとのサインです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また歯肉炎をほっておいてしまうと、歯を支えている骨を溶かす歯周病になります!

歯周病になると,歯茎からの出血、口臭、歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)が深くなり、歯が揺れたり、歯が抜けてしまう場合もあります。

 

歯磨きから出血がでるサインには妊娠などのホルモンのバランス・歯ブラシを強く磨きすぎたり、薬の影響・喫煙・病気など理由は色々あります。

 

歯周病で歯がなくなることが1番多いと言われています。

何気なく使っている歯ですが、無くなってから歯の大切さに気付く方も多いのです...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では歯周病にならないようにするためには?

正しい歯磨きのケアが大切です!!!

ゴシゴシ磨くのではなく、歯茎の境目・歯と歯の間に歯ブラシの毛先を入れ込み、

細かく動かします。

そうすると歯茎の境目の汚れが落ちてきます。歯茎が腫れている所は初めは出血がします。血が出たから歯ブラシを避けるのではなく、悪い血を出してあげてくださいね

1~2週間は歯磨きで出血してきますが、だんだん落ち着いて出血が出なくなります

 

 

 

 

 

しかし歯周病が進行している方は歯茎の中に入り込んだ、細菌を歯医者さんの専用の機械でお掃除する必要があります。

歯医者さんでは歯茎の中のお掃除をしてもらい、お家では歯磨きと歯間ブラシ・フロスでのケアが大事になります

歯周病は少しずつ進行していきますので、早めの対処することで大切です。

歯磨きから出血がする・心配・気になる事は何でも聞いてくださいね!!

健康なお口の中になれるように一緒にがんばりましょう!!





1534023003.png






        

[2019年1月19日] 1月も中旬

こんにちは、もみの木歯科 歯科医師の丹羽です。

1月も中盤を過ぎてきました。

受験や国家試験のシーズンですね。

小学校、中学校、高校、大学、大学院、国家試験等色々ありますが、そこの合否は人生に大きく影響します。

例えば、歯医者になるには歯学部に入らなくてはいけません。入らないと歯医者にはなれません。

小学校から高校まで一貫校、中高一貫校、高校、他の大学に途中まで通ってた、卒業してきたなど、全然違う環境にいた人が大学では一緒になります。高校を卒業するか同等の資格があれば、それまでの過程は関係ありません。多くの他の学部は大学で4年間学んで就職を決めますが、歯学部は大学に入った時点で歯科医になると就職を決めた人がみんな一緒に6年間勉強をします。でも、最近の歯科医師国家試験の合格率は65%前後。学生時代は「隣の人が受かったら、自分は落ちると思え」と言われたくらい精神的に苦しい中、国家試験に受かるために勉強をしました。(ついでに、歯科医はワーキングプアという感じに雑誌に書かれて、歯科医になってもなれなくても大変だって感じでした。今もAIで食えなくなる職業1位らしいですが。。。)

国家試験に受かると研修が必須になります。

この研修先も応募者多数だとちょっとした試験があります。

僕は将来、「地域に根ざした開業医になりたいな〜」と漠然とした思いをもとに、「高齢化社会になるから、健康とは言い難い色んな全身状態の人が増える世の中になるから、そういう人にも対応できるようにならなきゃアカンなー」と思い、口腔外科で研修をして、今は地域に根ざした歯科治療を提供するもみの木で学びながら働いています。

というわけで、試験は合格することが目的ではなく、やりたいことをやるための中間チェックポイントみたいなものなので、受験生の皆さんは頑張ってくださいね。

 

さて、話は変わりますが、歯医者さんで標榜できるのは歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科の4つだけです。

大学とか大病院は他にも補綴科、歯周病科、歯内療法科、障害者歯科、高齢者歯科、インプラント科、放射線科など色々な専門に分かれていますが、基本的には上の4つ以外は標榜できません。

歯科医の資格があれば、専門医の資格がなくても上の4つはどれを標榜してもしなくても問題がありません。

ただ、役割として、開業医の多くは専門の資格はなくても、一通り勉強をしていますので、診断をして、自分でできる治療は自分で行います。そして、必要があれば専門医のいる病院に紹介をして連携をします。

例えば、口腔外科です。

親知らず一つにしても色々な生え方がありますので、当院で抜ける親知らずもあれば、抜けないものもあります。抜けないものには生える位置方向、神経との距離、全身状態など色々な理由があります。

他にも、ガンや粘膜疾患などのチェックもします。

ただ、怪しいのはわかりますが、確定診断やオペは開業医ではなかなかできないので、専門の口腔外科に依頼します。

何か大きな全身疾患を持っていて、処置をするのにはリスクが高い場合も、他の科があり緊急処置に対応できる大きな病院の口腔外科に紹介することもあります。

つまり、一般歯科と病院の口腔外科の違いは一般歯科では対応できない処置や全身管理が必要な処置に対応する技術や環境が揃っているか揃っていないかです。

何科にかかったらいいかわからないという患者さんだったり、専門の方が良いのかなと考える患者さんもいますが、一般歯科は診断をして必要ならば専門のとこに紹介しますので、何か気になることがあれば、いつでもご相談ください。

[2018年12月26日] 歯磨き粉について

こんにちは!             

歯科医師の大森です。

12月ももう終わりが近づいてきました

時間が経つのは早いですね。

去年は、松阪マラソンに出場したのですが、今年は、お伊勢さんマラソンに出場しました。

5キロでしたが、ゆっくり走っていたので思ったよりしんどくなく、完走できて良かったで

す。

インフルエンザが流行っているみたいなので、体調管理をしっかりしていきたいですね。

 

さて、今回は、どういった歯磨き粉を使用したらよいかについて説明していきたいと思いま

す。薬局にはたくさんの歯磨き粉があり、何を使用したらよいか迷いますよね。今回は、歯

磨き粉の成分についても触れながら、お話していきたいと思います。まずは、歯磨き粉の種

類についてです。歯磨き粉の成分には、基本成分と、薬用成分があります。基本成分は、歯

基本成分には研磨剤保湿剤発泡剤結合剤甘味料着色料防腐剤可溶化剤が入っ

ています。メインの基本成分を説明すると、

研磨剤・・・歯面の滑沢化を行う(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、ピロリン酸カルシ

                ウム等)

保湿剤・・・水分の減少による硬化の防止(グリセリン、ソルビトール、プロピレングリコ

                    ール等)

発泡剤・・・発泡させることで、有効成分を口腔内に分散させる。(ラウリル酸ナトリウ

                               ム、ラウリルスルホン

                               酸ナトリウム、アルキ

                               ルスルホン酸ナトリウ

                               ム等)

結合剤・・・固相と、液相の分離防止(カラゲナン、ヒドロキシエチルセルロース、

                  アルギン酸ナトリウム等)

防腐剤・・・歯磨剤の変性、腐敗の防止(安息香酸ナトリウム、パラオキシン安息香酸、パ

                   ラペン)

香味料・・・爽快感の付与

甘味料・・・使用感の改良

 

薬用成分は、基本成分に加えて入っている成分になります。効果としては、虫歯の予防を促

ものや、歯周疾患の予防や、知覚過敏口臭予防等があります。細かい成分は、たくさん

あるので、省きますが、歯磨き粉の見出しに歯周病予防の成分配合、知覚過敏の方にオスス

メなど、書いてあります。基本的に、歯磨き粉を選択する時、自分の症状と、見出しに書い

てある合うものを選んで頂ければ大丈夫だと思います。大抵、一種類の成分だけでなく、

虫歯予防や知覚過敏に効くなど、いくつかの成分が入っていることが多いです。

虫歯予防の成分の一つとしてフッ化ナトリウムがあります。いわゆるフッ素が含まれてい

る、というのは、このことです。以前は1000ppmまでだったのですが、近年、1500ppm

まで歯磨剤にフッ素を含有してもよいとなりました。今市販でも1450ppmのものが売ら

れるようになりました。フッ素については、別のブログで詳しく話しているので、ここでは

触れませんが、6歳未満のお子さんには使用はできないのですが、虫歯の予防(歯を修復す

る唾液の働きを促進させる)に効果があるので、是非フッ素の濃度も、歯磨き粉にかい

てあるので、確認して購入してみてください。ちなみに、歯磨きしたあとは、お口の中にフ

ッ素が留まるように、うがいは、少なくしたほうが良いとされています。

                                  歯磨き粉.pngのサムネール画像

月別アーカイブ